世界最高峰のセキュリティをもっても

ウィキリークス:米公電暴露 米国務省がアクセス遮断 流出検証

クローリー米国務次官補(広報担当)は11月30日の記者会見で、内部告発サイト「ウィキリークス」に米外交公電約25万通が暴露されたことを受け、国務省の外交公電ネットワークへの外部からのアクセスを一時的に制限していることを明らかにした。

同省高官によると、国防総省が「秘密」指定の情報をインターネットで共有する「SIPRNet」というシステムを、国務省の情報共有システムから遮断した。米軍関係者が外交公電にアクセスできないようにする措置で、今回の流出に関する検証が終わるまでの暫定的な措置という。
米国では、01年の同時多発テロを防げなかったのは、安全保障に関わる省庁間の情報共有が不十分だったためとの反省から、情報の共有化が進んできた。だが、今回の外交公電流出ではこの措置が裏目に出たとされる。
クローリー氏は「今回の事案に焦点を当てた見直しと、より幅広い視点からの見直しを関係省庁で行っているところだ」と語り、すでに米政府内で情報共有のあり方に関する見直しに着手していることを明らかにした。

ゲーツ国防長官も30日の記者会見で、「アフガニスタンの前線にいる若い米兵が米露の新戦略兵器削減交渉の公電を手にする必要はない。(情報共有の)範囲が広がりすぎた」と述べ、情報共有体制の見直しの必要性を強調。米軍内でも、出先で入手できる情報を制限するため、情報端末を自動制御するシステムを導入するなど制度上の改善を図っていることを明らかにした。
米連邦捜査局(FBI)や米軍は、大量流出には、バグダッド近郊の米軍基地に勤務していた情報分析担当のマニング陸軍上等兵(別の秘密漏えい容疑で既に逮捕)が関与していたとみている。

【毎日jp】



世界最高峰のセキュリティを施している米国国防省ですからこのような状況です。
by kura0412 | 2010-12-01 16:39 | 思うこと | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412