補正予算の中には

10年度補正予算成立、医療・介護などに1.2兆円

5.1兆円の追加経済対策を盛り込んだ2010年度補正予算が11月26日、成立した。このうち厚生労働省関係は、1兆3931億円(一般会計1兆3888億円、特別会計43億円)で、医療・介護分野などには1兆2225億円が充てられた。

医療分野の主な項目は、都道府県単位での高度・専門医療や救急医療の整備・拡充などに2100億円、子宮頸がんなどの予防ワクチン接種促進に1085億円など。介護分野では、地域密着型サービスの基盤整備と安全確保などに302億円、地域の日常的な支え合い活動の体制づくりに200億円など。
このほか、生活保護や医療保険による生活支援に2282億円、うつ病に対する医療支援体制の強化に7.6億円などの項目が盛り込まれた。

【キャリアブレイン】



この他に、恐らく高齢者医療の一部負担金の減額もこの補正の中に組み込まれていて、歯科が全く関係なくはないのでしょうが、独自の予算処置は何か入っているのでしょうか。
新規事業の場合、一般予算よりも補正の方が入り込む可能性が高いのですが。
by kura0412 | 2010-11-29 14:33 | 歯科医療政策 | Comments(0)