2.09を下回る

平成22年度4~5月歯科医療費 前年比1.8%増

平成22年度4~5月の歯科医療費は前年同期比1.8%の増にとどまり、診療報酬改定率プラス2.09%を下回ることが厚労省の「医療費の動向」で分かった。
医療費全体では3.8%と、全体の改定率(診療報酬本体)の1.55%を大きく上回る伸びとなった。歯科医療費の伸び率は4月が2.2%と改定率を若干上回ったが、5月は1.5%と伸びが鈍化した。

【日本歯科新聞】



思わずため息が出そうな結果です。
この中には金属代の逆さやも含まれていての数字ですので、実際は更にプラス幅は少ないかもしれません。
しかし、次回の改定の議論では、歯科はあくまでも2.09の数字で議論が進みます。
by kura0412 | 2010-10-21 14:25 | 歯科医療政策 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412