裁定審議会開催決定

日歯が今回の事件を受け、臼田前会長等に対しての裁定審議会開催を決定しました。
聞く所によれば、この審議会が開催されたならば、その決定は、除名と訓戒のいずれの選択しかないということです。もし、これが本当ならば、組織の長だった者を処罰するという前代未聞の決定が下されるわけです。
今回の事件は、臼田前会長以下の個人犯罪です。それは間違いありません。しかし、そのベースには、個人犯罪だけでは済まされないものがあったことも、その環境を知る方々の一致した考えではないでしょうか。
しかし、社会の目もあります。その判断は、今回の事件の総括にもなりえるものだけに、その決定が注目されます。
by kura0412 | 2004-10-07 11:53 | 歯科 | Comments(0)