国立大の定員削減に続き私立大にも

私立歯科大・歯学部入試、14校で2倍未満

全国に17校ある私立歯科大・歯学部のうち、14校で今年度の入試競争倍率が2倍を下回り、そのうち、9校が1・1倍未満と無競争に近い状態だったことが、文部科学省の調査で14日わかった。
私立歯科大では、昨年度から2年連続で過半数の大学が定員割れしており、選抜のハードルを下げて合格者を増やした大学が多かったためとみられる。
同省では、大学の歯科教育の質が損なわれる恐れもあるとして、定員削減などの指導を強める方針だ。

入試結果は、14日開催の文科省の「歯学教育の改善・充実に関する調査研究協力者会議」で報告された。それによると、国公立を合わせた歯科大・歯学部29校のうち、いずれも私立の14校で、受験者数を合格者数で割った入試競争倍率が、選抜機能が十分に働く目安とされる2倍を割り込んだ。

【YOMIURI ONLINE】



果たして定員削減したとしても、この傾向に歯止めがかかる保障はありません。需給問題は完全にそのテーマが変わりました。
Commented by はと at 2010-09-14 23:51 x
だからと言って定員の削減をしなくては歯科の明日はありません。
需要問題はまず定員削減ありきです。
by kura0412 | 2010-09-14 17:45 | 歯科医療政策 | Comments(1)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412