W改定ヘ向けて

7.29 日歯役員合宿勉強会が宣言

日本歯科医師会は7月28・29の両日、「地域における医療と介護の一体的提供・歯科の役割〜平成24年診療報酬と介護報酬の同時改定に向けて」をテーマに平成22度役員合宿勉強会を歯科医師会館で開催した。勉強会は▽医療・介護における歯科のあり方(制度・システム)、▽多職種連携のネットワーク、▽診療報酬・介護報酬の問題点の顕在化と対策、▽担い手の育成と研究開発、以上4つのグループに別れて行われた。終了後、記者会見を開き、勉強会としてのまとめと宣言を発表した。宣言は次のとおり。

世界に類を見ない早さで超高齢社会を迎えたわが国の現状を鑑み、国民の生活や生きがいを支える歯科医療の立場から、医療と介護の一体的提供に向けて歯科が今後どうあるべきか、その方向性を以下のように示す。
一、歯科保健・医療により、口腔機能の回復・維持を図り、食べる、話すなど、高齢者の営みや社会性を確保する。
一、同じく、誤嚥性肺炎などの感染症の予防、低栄養の改善など、全身の健康度を高め、介護度の軽減に寄与する。
一、要介護者を含め、病院・介護施設・在宅などの患者が、歯科医療を円滑に受けることが出来るよう、制度やシステムの見直しを図る。
一、医療および介護に係る多職種との連携を図り、在宅歯科医療を推進する。
一、在宅歯科医療を推進するための環境整備として、診療報酬・介護報酬の問題点を顕在化し、対策を講ずる。
一、歯科大学(歯学部)および歯科衛生士教育施設における、高齢者歯科保健医療に係る教育レベルを向上し、在宅歯科医療に携わる人材の育成に努める。
一、在宅歯科医療を推進するための、治療技術および器材などに係る研究開発を促進し、普及に努める。

【IDN・デンタルタイムズ21速報】



W改定に向けて具体的な動きに進むこと期待しています。そういえば湘南宣言はどうなったのでしょか。
by kura0412 | 2010-07-30 17:20 | 歯科医療政策 | Comments(0)