本当に成長産業となりえるのでしょうか

今週の週間ダイヤモンド特集は、『医療・クスリ・介護―巨大化する成長産業の全貌』です。
http://dw.diamond.ne.jp/?banner_id=t1dia018

その最初に「従来、コストに目されて、削減一辺倒だった医療と介護に大きな転換期が訪れた。政権交代後、一夜にして将来の成長産業に変貌したのだ。はたして、本当に成長産業になりうるのか。」とありました。

歯科界の中でこの流れをポジティブに捉えて、前に進もうと考えている方は果たしてどれ位いるでしょうか?
しかし、戦略的に考え、チョッとした仕組みを変えればけっして夢物語ではないはずです。それよりも、内部で沈黙していると、外部からのガリバー歯科界内部を食い荒らされるかもしれません。
by kura0412 | 2010-04-20 16:46 | 歯科医療政策 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412