本格的に人口減少時代突入

人口減少幅 最大に 女性、初の『自然減』

総務省が十六日発表した二〇〇九年十月一日現在の人口推計によると、日本人と外国人を合わせた総人口は二年連続で減少し、前年比十八万三千人(0・14%)減の一億二千七百五十一万人となった。

一九五〇年に現行基準で統計を取り始めて以降、マイナスは三回目で、落ち込み幅は今回が最大。女性も初めて、死亡者数が出生者数を上回る「自然減」に転じた。
出国者が入国者を上回る「社会減」が七万九千人増え、十二万四千人となったことも総人口減少の要因だ。男性だけでなく女性も自然減になったことで、総務省は「本格的な人口減少時代に入った」と分析している。
自然増減は、男性が五年連続のマイナスとなる五万四千人減で、減少幅が前年より一万三千人拡大。女性は七千人増から五千人減になった。
一方、外国人の社会減は四万七千人で、九四年以来十五年ぶりにマイナスに転じた。ブラジル人をはじめ自動車関連企業などで働いていた外国人の出国が要因で、〇八年秋のリーマン・ショックを契機とする景気後退の影響が色濃く出た。

【東京新聞】



いよいよ本格的に人口減少の時代がおとすれたきたようです。
18万人減、ザックリの数字で歯科医師1人当たり1800人と見積もって、歯科医師当たり100人分、私立大学約1校分の減少です。
Commented by ぽんぽん at 2010-04-17 15:50 x
高齢化による引退・廃業で歯科医師も減っていくと思うので、分子だけでなく分母も減るのではないかと…。歯科医師の減少率のほうが高いと、医師一人当たりの人口は増えますね。
by kura0412 | 2010-04-17 09:01 | 歯科医療政策 | Comments(1)