日本の歯科界を診る(ブログ版)


コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
by kura0412
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

女性の気になる異性の身だしなみトップは「口臭、体臭」

【時事通信社 ・06月29日】

異性の身だしなみで気になる部分について聞いたところ、男性は「メイクの濃さ」を、女性は「口臭や体臭」を挙げる割合が過半数を占めたことが29日、新聞折込求人広告業のアイデム(東京都新宿区)の調査で分かった。
同社は昨年11月から4月にかけ、同社のビジネスマナー講習を受けた10代から50代以上の正社員や派遣社員などの男女計2223人にアンケートを実施した。
その結果、全体では87.0%(男性80.7%、女性91.3%)が日ごろから身だしなみを意識すると回答。具体的には、複数回答で、男性が「ひげ、まゆ、鼻毛」(60.7%)「服のしわや汚れ」(59.1%)「口臭や体臭」(42.2%)を挙げた。女性は「服のしわや汚れ」(63.9%)「服の色柄」(49.6%)、「髪型や髪色」(47.2%)「メイクの濃さ」(39.5%)となった。

一方、気になる異性の身だしなみは、男性が「メイクの濃さ」(54.0%)がトップで「香水のにおい」(48.9%)や「髪型や髪色」(45.7%)などが続いた。女性は「口臭や体臭」(59.7%)が最多で、「服のしわや汚れ」(56.2%)や「ひげ、まゆ、鼻毛」(50.7%)などとなった。

ただ、約6割の女性が男性の「口臭や体臭」を気にするが、男性は約4割だった。また、女性の6割以上が自分の「服のしわや汚れ」を気にするが、女性の服装を気にする男性は半数未満にとどまるなど、異性間で認識に大きな差が出た。アイデム社は「男女の認識の差を理解した上で、身だしなみの参考になれば」としている。 



口臭がどれだけ歯科と結びついているかを知る人の割合は?
切り口としては口臭はkなり有力だと思っているのですが、現在の保険ではどうゆう取り扱いになるのか?

また、個人的にも、加齢臭気になる年代になってきた中年オヤジとしてもこの結果気になります。
by kura0412 | 2008-06-30 15:38 | 歯科 | Comments(0)

別のチャンネルも

総務省が過疎地の医療を担う病院や医師不足が深刻な産科、救急医療をもつ病院の経営を支える為、公立病院への国の財政支援を見直すため、有識者の検討会を設置するとの報道です。

これは外から見ても、もはや現行の医療制度での報酬では国民に適切な医療を提供することが難しくなったことを意味することにもなります。
それと共に、医療の行政的なエリアが従来の厚労省一辺倒から他の省庁も今以上に関与する可能性が強まってくるということも示唆します。そしてこれを翻せば、既に一杯一杯になってきた厚労行政を自らの縄張りに引く込むことにもまります。

歯科界も従来の厚労省一辺倒の対応から、別のチャンネルを模索することも必要になってきました。
by kura0412 | 2008-06-28 08:41 | 歯科 | Comments(0)

「医系技官に臨床研修を」・舛添大臣が発言

舛添厚労大臣が、医系技官が臨床をやって戻ることをやりたいと発言し、医系技官に臨床研修を積ませる意向を示した。そして7月に政府がまとめる社会保障分野の「五つの安心プラン」の柱の一つである厚労省の組織改革案に盛り込む考えだ。

今朝の日経に小さい扱いですが載っていました。
by kura0412 | 2008-06-27 15:22 | 歯科 | Comments(0)

発想を転換して、介護の世界を歯科一色に染めては

既に介護事業から撤退していたグットウィルが、日雇い派遣も廃業するとの報道です。
このように、駄目だと思ったら、いわゆる損切りの決断が早いのが経済界の常のように感じます。
確かにコムソンの場合は、いろいろのトラブルがあったのが介護事業から手をj引いた直接の原因ですが、もし介護の世界が経済的に魅力あったならばあんな簡単に手を引かなかったはずです。

それと共に、流行、先を読むのに敏感な若者が、やはり介護の世界を敬遠してきて、学校・施設の定員割れが相次ぎ介護職離れが著明になってきたとの話も聞きます。

そんな介護の世界に加わわろうとしている歯科界ですが、本来ならば傷浅い内に手を引けと考えたいところですが、ここは発想を変えて、本来ならばこれから増える一方の介護事業、やるならば、介護は歯科の独壇場といわれる位に手を染めるのも一つの考えかもしれません。
恐らく意見が大きく分かれるところだと思いますが・・・
by kura0412 | 2008-06-26 15:57 | 歯科 | Comments(0)

「健康現役社会」への挑戦ーだそうです

骨太方針08(原案)の前文を昨日から読んでいるのですが、日本はどんな国になってしまうのだろうか不安が募ってしまう内容です。

はっきりいって間違っていると思います。

『「健康現役社会」への挑戦』という項目がありました。
挑戦ですか・・・?
by kura0412 | 2008-06-25 15:39 | 歯科 | Comments(1)

JAとのコラボ

食育の推進で協定 JAグループと道歯科医師会(06/24 08:20)

JAグループ北海道と北海道歯科医師会は二十三日、食育の推進などを目指す相互協力協定を結んだ。同会によると、歯科医師会とJAグループが協力協定を結ぶのは全国初の試みという。
食育や歯の健康指導のほか、道産農産物の地産地消の推進、地域づくりへの貢献など幅広い内容での連携を目指す。具体的には、双方が連携してのフォーラム、食育や健康講座の開催などが検討されている。
札幌市内で行われた調印式には、JA道中央会の飛田稔章副会長と、北海道歯科医師会の富野晃会長が出席、協定書に調印した。富野会長は「締結を機に、食の安全・安心の情報をいただき、食育推進に努力したい」と述べた。飛田副会長は「心身豊かな人間を育てるという意味で、大きな存在価値を持つ協定」と強調した。

【北海道新聞】



JAと食育でのコラボです。
こんな斬新な発想そして展開、まだ、探せば歯科界のも明るい材料はあるのだと関心させれました。
by kura0412 | 2008-06-24 11:11 | 歯科 | Comments(0)

ここでも蚊帳の外

医療・がん・年金保険、死亡保険件数を逆転 

医療保険、がん保険、個人年金保険を合わせた契約件数が2008年3月末に前年同期比4.3%増の5326万件となり、年度末ベースで初めて死亡保険を逆転した。病気や老後の生活費など長生きに備えるニーズが高まっている。万が一の際に備える死亡保険は少子高齢化の影響もあり、需要が縮小している。主力商品の移り変わりが鮮明で、生保各社の経営にも影響しそうだ。
医療、がん、年金の3保険の契約件数は08年3月末に、生命保険協会に加盟する40社の合計で、前年同期比で220万件増えた。定期や終身などの死亡保険は22万件(0.4%)減の5093万件だった。

【NIKKEI NET】


民間保険の是非は別にしても、ここでも歯科は蚊帳の外です。
by kura0412 | 2008-06-24 10:44 | 歯科 | Comments(0)

折衷案か

骨太方針08の原案が出てきましたが、両者の折衷案のような形です。火種を残したまま暮れの予算案決定までその攻防は続きそうです。

この折衷案は国民の目にどう映るのでしょうか?
by kura0412 | 2008-06-24 10:34 | 歯科 | Comments(0)

消費税アップしかないと分かっていても実際は

誰もがこの少子高齢化をくくり抜ける為には消費税増税必至と分かっていても、これを実際に選挙前に提唱することはイコール選挙敗北に近い意味となります。
特に、これだけ物価上昇している中、たとえ1%アップでも国民は非常に敏感で、また、消費税アップが更に消費を冷え込ませる要因にもなり、タイミングとしては最悪です。

しかしながら現実には、来年度から基礎年金の国庫負担率が上がることが決まってその財源には目処が立っていません。おまけに与野党対立法案は、衆議院の再可決でした成立の見込みがありません。
言うのは易し、されど実行となると大きな山が待ち受けています。
by kura0412 | 2008-06-23 11:14 | 歯科 | Comments(0)

秋も波乱要素一杯

前にブログに書き、通常国会で成立せず臨時国会に先送りした、政管健保の国庫負担約千億円を健保組合に肩代わりさせる「政府管掌健康保険支援特例法案」は、このまま未成立だと、その財源処置によってはその時点社会保障抑制シーリングが未達成となるようです。

2200億円の壁に風穴を開けること自体は結構なことですが、当然、それに対するいろいろな内外の反応までは読めません。
いずれにせよ、この法案の行へだけ考えても、秋に予定される臨時国会も波乱要素一杯です。
by kura0412 | 2008-06-21 14:41 | 歯科 | Comments(0)
ミラーを片手に歯科医師の本音
回想

本紙閉刊に伴いこのコラムも今回で最後となります。平成10年9月から19年間、筆が進まない時もありましたが、締め切りを遅らせることもなく、また大きなトラブルもなく終えることにある意味安堵しております。ただその中で一度だけで校正まで終えながら書き直したことがありました。それはあの「日歯連事件」と称された事件が勃発した時でした。
あの時は一人の開業医でしかない私が、社会事件になるほどの大事件に対して実名で書くことに躊躇しましたが、事件に対していろいろな観点から憤りを感じ、もし問題となれば歯科医師を辞める覚悟をもって書きました。この事件によって日本の歯科界に大きな変化があったことは多くの先生方が感じられたことです。今思えばその内容は別として、あの時書き綴っておいたことが、その後連載を続けられた源になっていたかもしれません。
然るに風化しつつあるあの事件の本質は何だったのか。その手法に対しては司法判断が下った結果が示されていますが、事件の根本には、現在も続く歯科医療に対する公的評価の低さを何とか打開しようと考え方がありました。この点を誰もが分かっているのに言葉に出ていません。但し結果的には中医協委員が1名減員、事件後の懲罰的な18年度改定となり、歯科界の思いとは反対の流れを作ってしまいました。特に改定では、それまでの改定時で、技術料を引き下げながら作った僅かな財源を「かかりつけ歯科医」初再診料に振り分けながらも、「かかりつけ歯科医」を一気に消し去られたことによって、保険点数全体が縮小したと共に、時代の流れである「かかりつけ歯科医」という名称、概念をも否定されることになってしまいました。そして事件によって植え付けられた歯科界の負のイメージは現在も引きずっています。
日本の歯科界は今、大きな分岐点に差し掛かかり、新しい息吹が入る機運も高まっています。但し、この負のイメージを引きずったままでは大きな壁が存在します。あの事件は終わったのでなく、まだ背負っており、それを回顧することで歯科界の課題を改めて見出すことが必要です。
残念ながら現在、日歯、日歯連盟共に入会者、特に若い先生の入会が減少しています。事件の影響、また、入会することへの利点を見出せず、医療環境向上寄与への期待が薄らいでいるからです。個人で個々の臨床現場での対応出来ても、政策を変えるには一つの塊にでなければパワーが発揮できないだけに、この問題は歯科界発展の最大の課題です。その為には、過去の問題となった出来事を背景も含めて改めて見直し、そして新しい目標を示す。それも抽象的でなく、具体的な分かりやすい政策を提示することで歯科界の展望が分かることで推進力の働きとなります。
最後に、本コラムを続けなければ会うことの出来なかった全国の先生方と交流できたことは、私の歯科医師人生としての財産となりました。そして、好き気ままに綴ることを甘受して頂き、連載を許して頂いた歯科時報新社・吉田泰行社長に感謝を述べ終わります。ありがとうございました。
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧