<   2007年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

厚労省の宮島総括審議官あるシンポジュウムの講演で2200億円の圧縮について「患者の負担増はやらない、診療報酬のマイナスももう限界だ」と指摘したとの報道です。

そして、それと共に医師の需給問題について触れる中で、医師を増やす場合には慎重な対応が必要との説明の時に、歯科医師については過剰問題が深刻になっているとし、「過剰問題が出ると質の劣化が起こり、どうにもならなくなる」と発言をしています。

厚労省幹部が歯科医師の過剰問題が医療の質にも影響しいるとの認識識にホッとし、一方、この問題にもうさじを投げているとも受け留めれるこの発言に不思議な気持ちになります。
by kura0412 | 2007-08-31 12:18 | 歯科 | Comments(0)

歯科界としても困ります

現役の候補者が落選して相当なショックを受けていると思っていた日医が凄いことになっています。

ある勉強会で植松日医前会長が、来年の4月の会長選挙に向けて独自の候補者擁立を表明、また、同じ席に出席した茨城、奈良県医師会長も現執行部に対して反旗を上げるような発言をしたとの報道が昨日あったと思ったら、それを受けて現執行部からはその発言に強い批判をしたとの報道が今日ありました。

そもそも今回の選挙で、武見候補は近畿地区では会員数にも遥かに満たない得票の結果しか出ていません。

議員を落とし、こんな状況になっている所は政治的に必ず攻められます。
それは3年前歯科界が体験していることです。この状況、歯科界としても困ります。
by kura0412 | 2007-08-30 16:14 | 歯科 | Comments(0)

政府は29日午前の臨時閣議で、安倍改造内閣の副大臣22人を決定した。


副大臣の内訳は自民党19人、公明党3人。派閥別では津島派が4人、閣僚起用が1人だった町村派が3人、伊吹派が2人で、閣僚ポストがゼロだった谷垣派は2人となった。
副大臣の顔ぶれは次の通り。(敬称略、数字は当選回数、党名なしは自民党、公明は公明党、参は参院)

▽内閣府 木村勉<3>山本明彦<3>中川義雄<2>=参▽総務 佐藤勉<4>魚住裕一郎<3>=公明、参▽法務 河井克行<3>▽外務 小野寺五典<3>木村仁<2>=参▽財務 遠藤乙彦<5>=公明、森山裕<2>▽文部科学 池坊保子<4>=公明、松浪健四郎<3>▽厚生労働 西川京子<3>岸宏一<2>=参▽農水 今村雅弘<4>岩永浩美<3>=参▽経済産業 新藤義孝<3>中野正志<3>▽国土交通 平井卓也<3>松島みどり<3>▽環境 桜井郁三<3>▽防衛 江渡聡徳<3>

(2007年8月29日11時36分 読売新聞)



副大臣二人は厚生行政に精通している、福岡と山形が選挙区の議員です。
特に西川副大臣は6月の自民党歯科医療PTで日歯に対して理解を示す発言をしています。
by kura0412 | 2007-08-29 12:00 | 歯科 | Comments(2)

舛添要一厚労大臣は予想外でした。

マスコミに頻繁に登場する舛添大臣は、画面を通じてみる限り、論理にあったことは理解してくれる印象をもっています。
しかし、歯科医療についての知識、理解度はどの程度なのかは全く未知数です。今は逆にその未知の可能性に期待するしかありません。

選挙区が参議院比例区ですので日歯連盟の推薦もありません。事務次官も交代し、歯科との繋ぐパイプは見当たりません。

まずは、大久保会長が厚労省に行くにせよ、舛添大臣が日歯出向くにせよ、どの時期に実現するか?
これは大臣と歯科界の距離を測る一つのバロメーターになるかもしれません。
by kura0412 | 2007-08-28 09:13 | 歯科 | Comments(0)

第2次安倍内閣の顔ぶれ

 第2次安倍内閣の新閣僚が27日、決まった。新閣僚は次の通り。

 ◇総務相 増田寛也(民間)

 ◇法相 鳩山邦夫

 ◇外相 町村信孝

 ◇財務相 額賀福志郎

 ◇文部科学相 伊吹文明(留任)

 ◇厚生労働相 舛添要一
 
 ◇農相 遠藤武彦

 ◇経済産業相 甘利明(留任)

 ◇国土交通相 冬柴鉄三(留任)

 ◇環境相 鴨下一郎

 ◇防衛相 高村正彦

 ◇官房長官 与謝野馨

 ◇国家公安委員長 泉信也

 ◇沖縄・北方担当相 岸田文雄

 ◇金融・行政改革担当相 渡辺喜美(留任)

 ◇経済財政担当相 大田弘子(民間、留任)

 ◇少子化担当相 上川陽子


【毎日新聞 2007年8月27日 16時23分 (最終更新時間 8月27日 16時30分)】
by kura0412 | 2007-08-27 16:43 | 歯科 | Comments(0)

官房長官に与謝野氏、外相に町村氏

安倍晋三首相は27日の内閣改造で、官房長官に与謝野馨氏、外相に町村信孝氏、財務相に額賀福志郎氏の起用を内定した。

また、厚労相には舛添要一氏、防衛相に高村正彦氏が内定した。

(SANKEI WEB:2007/08/27 14:18)
by kura0412 | 2007-08-27 14:29 | 歯科 | Comments(0)

社保庁長官を更迭 後任に坂野氏 厚労次官も 年金問題
2007年08月24日23時32分

政府は24日、年金記録のずさんな管理問題の責任が問われていた社会保険庁の村瀬清司長官(60)を退任させ、後任に総務省出身の坂野泰治・日本放送協会監事(60)を充てる人事を決めた。厚生労働省の辻哲夫事務次官(60)も退任し、後任には旧厚生省出身で、前内閣府事務次官の江利川毅・日興フィナンシャル・インテリジェンス理事長(60)を起用する。年金記録問題に伴う事実上の更迭といえる。同日開いた首相官邸の人事検討会議で了承した。31日付。

安倍首相は24日夜、訪問先のクアラルンプールで記者団に「一刻も早く、新しい体制で国民の不信を払拭(ふっ・しょく)して前進していかなければならないという観点から、けじめとして現在の内閣において人事を行った」とした。
柳沢厚労相は今回の人事の発表会見で、「年金記録問題では国民に不安や心配をおかけしたことを反省し、単純に内部昇格するのではなく、新しい目で課題に取り組むのが適当と考えた」と述べた。同省の幹部人事は例年7月ごろ行われるが、年金記録問題による混乱を受け、人事は凍結されていた。
ある府省の事務次官経験者が他省の次官に、総務省出身者が社会保険庁のトップに就くという人事は、「霞が関の論理」では異例だ。内閣改造や臨時国会を控え、刷新色を出そうとしたとみられる。
政府関係者は今回の起用について「役人としてのキャリアを終えた人に、もう一度、厳しい役割を果たしてほしいと頼んだわけだから、調整は難航した」と明かす。
社保庁長官の後任選びで柳沢氏は民間からの起用も模索した。だが、年金問題の逆風下で適任者が見つからず、日本放送協会監事として現業部門も経験した坂野氏を最終的に選んだ。
坂野氏は総務省行政管理局長などを経て、道路公団民営化推進委員会の事務局長として行政改革を進めた。社保庁は10年1月に解体され、日本年金機構が発足するが、組織再編の陣頭指揮をとることになる。
現在の村瀬長官は、年金記録ののぞき見などの不祥事を受け、04年に損保ジャパン副社長から民間出身として初めて就任。だが、相次ぐ不祥事の対応に追われ、社保庁の立て直しは果たせなかった。
事務次官の後任についても、旧厚生省出身とはいえ、民間企業に再就職していた江利川氏を起用する。柳沢氏は「内閣府事務次官を経験した力のある方で、外の見方も十分に身につけている」と述べた。
民間などに籍を置いていたとはいえ、官僚出身者という「霞が関の身内」の顔ももつ坂野、江利川氏は、まずは臨時国会で、民主党など勢いづく野党からの攻勢と向き合うことになる。

【asahi com】



社保庁長官と共に辻厚労事務次官まで更迭です。
厚生関係の実質のトップの審議官と次官の任期が3年を超えたというのが表面的な理由ですが、次官の就任は丁度1年でしかありません。
そして後任には、出身は厚労省でも他の省庁の事務次官経験した官僚の籍を離れていた江利川氏が就任となりました。

今回の人事、また、物議を呼んだ防衛省の次官人事、いずれも官邸サイド主導を印象つけ、従来の官僚人事の慣習を打破しよという目的がはっきり読み取れます。
そして、それと共に内部昇格の形をとらず、現行の厚労省の仕事ぶりに対して官邸サイドがNOを叩きつけた形となりました。

歯科界としては、日歯役員も公言しているように、ようやく辻次官を先頭に厚労省とは信頼関係を築きあげてきた矢先だけに、今後の厚労省の歯科界に対する対応に注目が集まります。
これで内閣改造での厚労大臣の人選が更に重要になってきました。
by kura0412 | 2007-08-25 11:10 | 歯科 | Comments(0)

安倍首相が最後の求心力回復の手段としている内閣改造が来週相早々に行なわれます。

厚労大臣は例の失言問題で交代は必至です。

後任は、年金問題もありますので、いわゆる厚労族議員か、あるいは派閥の領袖クラスの重鎮の起用が予想され、誰が就任するかは改定を踏まえ注目するところです。

随分前は、厚労大臣はさほど注目に値しないポストだったのですが、今は全く違います。
安倍政権存続を左右する人事であるといっても過言ではありません。また、歯科界にとっても命運がかかる人事でもあります。
by kura0412 | 2007-08-24 15:42 | 歯科 | Comments(1)

答えを出さなければ

先の参議院選挙で、自民党の医療系団体を母体とした候補が全滅する中、石井みどり先生だけ当選したことは、歯科に従事する人々の危機感が数字となって表れました。
そしてこの結果を更に危機感をもってこれからの対応に向かうのが、日歯連盟、日歯の執行部の先生方です。

それは選挙の結果を作った歯科界の面々が求めている答えを出さなければ、その次の選挙のエネルギーは産まれてこないことをしっかりと受け留めているからです。

その結果を出すには多くのハードルが存在します。しかし、超えなければその求めに答えることは出来ません。
by kura0412 | 2007-08-22 16:11 | 歯科 | Comments(0)

民主党が求める衆議院の早期解散。

しかし、一つだけ疑問がが残ります。
民主党が勝てば、衆参両院で多数を占め政権と国会が一体化が図れますが、もし、自民党が勝利したらどうなるんでしょうか?

自民党は選挙で政策が民意から支持されたと主張するのはずです。
ならば、民主党多数の参議院の議論はどうなるのか?

いずれにしても混迷が避けられないのがこれからの日本の政局です。
by kura0412 | 2007-08-21 11:12 | 歯科 | Comments(3)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言