日本の歯科界を診る(ブログ版)


コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
by kura0412
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

大きな変化ある時は・社保庁改革法案成立

日をまたがっての国会で社保庁改革法案が成立しました。
年金問題ばかりがクローズアップされていますが、この法律は医療部門でも大きな組織改革が成されます。
従来、同じ組織内にあった政管健保運営と保険指導が、新たに作られる全国健康保険協会と厚労省地方厚生局に分かれます。
一応、実質面ではそれほど大きな変化はないのではないのかと推測されていますが、果たして本当にそうなのか?
少なくても今一度、その変わった組織の中身を吟味する作業が必要です。
大きな変化ある時は、必ず何かが起こりますし、また、起こすことも可能です。
by kura0412 | 2007-06-30 11:41 | 歯科 | Comments(0)

歯科界に人材がいないのではありません

偶然、東京で、以前いろいろと個人的にご指導頂いた先生方と久しぶりの再会をしました。
僕がこんな分野に興味をもたせてくれた私の憧れのような先生方です。
残念ながら公式的な役職の多くは退かれていますが、その経験、考え方、今の歯科界には必要な先生方です。
しかしながら、歯科医師会は会務の職から離れると、いきなり隠居のような状態に陥ってしまいます。後進に道を譲ることは大切なことですが、それだけで全てを退く現在の歯科界の風習、ここにもメス入れて、人材を有効に使うことも考えなければなりません。
日本の歯科界には人材がいないのではなく、その人材をしっかりと使いこなしてない。その思いを新たに感じました。
by kura0412 | 2007-06-29 15:42 | 歯科 | Comments(0)

中国製だったら?

所用で東京に泊まりました。

部屋にある歯ブラシ使おうと歯みがき粉みたら、メーカーの名前は書いてありましたが、果たしてmaid in japanか否か?
この時期ですので使えません。今朝はノーペーストでブラッシングです。やはりマイブラシ持参の必要ですね。
こんなところにも医療に安全、安心がなくなると大変なのを実感します。
by kura0412 | 2007-06-28 11:19 | Comments(0)

医療政策に対してのトーンが落ちている中

ここにきて年金問題のみに視線が注がれ、本来有権者の注目するところの一つであった医療政策についての社会全体のトーンが落ちています。
その医療政策に対していろいろな政治家の発言で、今、最も勢いのあるのが自民党の社労族と称する国会議員です。
その理由にはいくつかあって、
野党は注目浴びる年金問題一本への攻勢に絞っていること。
経済財政諮問会議の発言力が小泉内閣当時よりも落ちていること。
そして、産科、小児科の医師不足など、財政主導の医療政策に対して陰りがみえてきて、新たな医療政策の提言がしやすい環境にんっていること。
などがあります。

とはいうものの、選挙後、再び、経済財政諮問会議、財務省などの圧力がかかることは間違いありません。また、それが選挙結果によって大きく変動することも間違いありません。
by kura0412 | 2007-06-27 11:17 | 歯科 | Comments(0)

医療の方もないのか?

参議院選挙に大きく影響を及ぼしそうな情勢となった年金問題。
安倍首相のボーナス返上、そして社保庁職員への賞与返上要請までに責任問題が進展してきました。
ただ、どうしても分からないことがあります。

これだけの問題を、責任ある立場の人達、また、中で実際に働いていた人達は気づいていなかったのだろうか?
また、もし気づいていたのならば、そのまま放置して自然に解決、あるいはもみ消すことが出来ると考えていたのでしょうか?

そう考えると、誰が悪いとかの犯人探し以前に、この年金に関わった全ての関係者の責任だと思うのですが?
ここまでくると同じ社保庁、医療の方も何かこの種の問題はないのか?そんな疑った見方をしたくなります。
by kura0412 | 2007-06-26 16:11 | 歯科 | Comments(0)

モンスターペアレント

自分の子供を子供と思わない親がいると思ったら、今度は学校に理不尽なクレームをつける「モンスターペアレント」と呼ばれる親たちの存在がクローズアップされています。
そのクレーム親の記事が今朝の日経にあり、そのクレームの中に、
子供にかすり傷一つつけないように契約書を書いてほしい。
本当は同級生に割り箸でいたずらされた程度なのに、大木で殴られたと慰謝料を請求してきた。
など、日頃の歯科診療でも遭遇するかもしれないような事例がありました。

小児の診療で親への説明は必須なのは当然ですが、ここまでなくても?を感じる事例を既に経験されたいる先生方も少なくないはずです。
インフォームドコンセントの一言ではかたずけられない時代の到来です。
by kura0412 | 2007-06-25 16:37 | 歯科 | Comments(0)

マスコミは日本の社会をどうしたいのか?

施設介護サービスへの民間企業の参入。
国の農産物検査の民間登録検査機関への移行。
ノンバンクなど異業種のCD・ATMからの銀行預金の引き出し。

これらは01~03年度の規制改革推進3ヵ年計画に盛り込んだ主な改革案です。
その規制改革の07~09年度3ヵ年計画が決定しました。
過去の結果を顧みず、今朝の日経の見出しは「農業・医療などは手つかず」

新聞、マスコミは日本の社会をどうしたいのでしょうか?
by kura0412 | 2007-06-23 15:16 | 歯科 | Comments(0)

レアメタルも価格上昇傾向

18年度の改定がマイナス1.5%を遥かに超えた3.2%だったという話は先日のブログに書いた通りですが、これに加えて今回は金パラ材料改定の影響率がプラス(マイナス)約1.1%上積みされ、マイナスの幅が更に広がっていた結果だったとの話です。
この金パラの改定はその線引きの期間で良くも悪くもなるところですが、プラスの幅が少なくなったならばともかく、大幅なマイナスが更に広がったこの結果の影響は大きなものがあります。

保険適用のこの金パラのその多くを占める金、パラ、銀などの相場物金属は、ここのところ右上がりを続くている中、いわゆるレアメタルも価格が上昇傾向にあるとの報道がありました。
歯科の金パラの中でこのレアメタルがどの程度価格に影響するのまでは分かりませんが、インジュウムなどは今流行の液晶パネルを作る時に使われるそうですので、何がしかの影響は必至だと思います。

しかし、こんな改善もEBMが必要のでしょうか?
前にパラが急騰した時に、厚労省ではなく日歯から研究費の補助金が出して、急遽代用金属の研究を始めたことがありましたが、ウヤムヤになった経緯があります。(確か、代用品は難しいという結果だったか?)
EBMを構築することも重要なことは否定はしませんが、こうゆう実際を一つ一つ洗い出し、提示し改善を求める積み重ねも重要です。
by kura0412 | 2007-06-22 12:07 | 歯科 | Comments(1)

安倍首相の最後の切り札

国会の会期が12日間延長に伴い、参議院選挙の公示が5日から12日、そして投票日が22日から29日と1週間繰り延べになりました。
伸びたことで重要法案を可決し、年金問題の当面処理を進めて多少でも沈静化するか?
あるいはこれを党利党略と捉えられて、更に内閣の支持率低下に拍車をかけるか?
この会期延長の判断、こればかりはどちらとはいえません。その判断はもろ刃の剣です。

ただ、安倍首相は選挙を意識して、自分の強い意志で延長したとの報道ですので、自身の進退を賭け、選挙後の結果を覚悟しての判断だと思います。
となると、安倍をとるか、小沢をとるか、その判断を国民に求めることになります。(実際は衆議院で自民党多数で直ぐに民主党政権は出来ませんが)
安倍首相は最後の切り札を出してきました。
by kura0412 | 2007-06-21 12:26 | 歯科 | Comments(0)

この数字の乖離の原因は?

社保の支払基金診療報酬確定状況が発表され、歯科は10年連続、前年度比マイナスの2.2%となりました。
これを10年前と比較ではマイナス24%、支払基金総計マイナス11、医科18%と比較しても歯科のマイナスが著明だというのが分かります。
当然のことながらこの種の統計で好結果は出るはずもありませんし、もし、出たならばそのデーターの信憑性はありません。
ちなみに先日聞いたメディアスの統計で、18年度10~1月の歯科医療費前年度同期比がマイナス3.2%だったという結果を聞きました。その年の改定ではマイナス1.5%です。この数字の乖離の原因は?
by kura0412 | 2007-06-20 15:15 | 歯科 | Comments(1)
ミラーを片手に歯科医師の本音
回想

本紙閉刊に伴いこのコラムも今回で最後となります。平成10年9月から19年間、筆が進まない時もありましたが、締め切りを遅らせることもなく、また大きなトラブルもなく終えることにある意味安堵しております。ただその中で一度だけで校正まで終えながら書き直したことがありました。それはあの「日歯連事件」と称された事件が勃発した時でした。
あの時は一人の開業医でしかない私が、社会事件になるほどの大事件に対して実名で書くことに躊躇しましたが、事件に対していろいろな観点から憤りを感じ、もし問題となれば歯科医師を辞める覚悟をもって書きました。この事件によって日本の歯科界に大きな変化があったことは多くの先生方が感じられたことです。今思えばその内容は別として、あの時書き綴っておいたことが、その後連載を続けられた源になっていたかもしれません。
然るに風化しつつあるあの事件の本質は何だったのか。その手法に対しては司法判断が下った結果が示されていますが、事件の根本には、現在も続く歯科医療に対する公的評価の低さを何とか打開しようと考え方がありました。この点を誰もが分かっているのに言葉に出ていません。但し結果的には中医協委員が1名減員、事件後の懲罰的な18年度改定となり、歯科界の思いとは反対の流れを作ってしまいました。特に改定では、それまでの改定時で、技術料を引き下げながら作った僅かな財源を「かかりつけ歯科医」初再診料に振り分けながらも、「かかりつけ歯科医」を一気に消し去られたことによって、保険点数全体が縮小したと共に、時代の流れである「かかりつけ歯科医」という名称、概念をも否定されることになってしまいました。そして事件によって植え付けられた歯科界の負のイメージは現在も引きずっています。
日本の歯科界は今、大きな分岐点に差し掛かかり、新しい息吹が入る機運も高まっています。但し、この負のイメージを引きずったままでは大きな壁が存在します。あの事件は終わったのでなく、まだ背負っており、それを回顧することで歯科界の課題を改めて見出すことが必要です。
残念ながら現在、日歯、日歯連盟共に入会者、特に若い先生の入会が減少しています。事件の影響、また、入会することへの利点を見出せず、医療環境向上寄与への期待が薄らいでいるからです。個人で個々の臨床現場での対応出来ても、政策を変えるには一つの塊にでなければパワーが発揮できないだけに、この問題は歯科界発展の最大の課題です。その為には、過去の問題となった出来事を背景も含めて改めて見直し、そして新しい目標を示す。それも抽象的でなく、具体的な分かりやすい政策を提示することで歯科界の展望が分かることで推進力の働きとなります。
最後に、本コラムを続けなければ会うことの出来なかった全国の先生方と交流できたことは、私の歯科医師人生としての財産となりました。そして、好き気ままに綴ることを甘受して頂き、連載を許して頂いた歯科時報新社・吉田泰行社長に感謝を述べ終わります。ありがとうございました。
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧