<   2006年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

来年は最後の決戦の年

既に昨日あたりから診療を休まれている先生方も多いようです。私も無事、今、今年の診療を終えました。
相変わらず動き回った1年でした。しかし、歯科界の現状、また既に予定される日程を考えると、来年はもっと動き回らなければいけない雰囲気です。
私自身の気持ちも、また、日本の歯科界も、来年がまさに最後の決戦の年であろうと思います。
一人の歯科医師でしかない私ですが、先生方の代弁者として来年も本音で歯科界に発していきたいと思います。
1年間このログインいただきありがとうございました。良いお年をお迎えください。
by kura0412 | 2006-12-30 10:53 | 歯科 | Comments(0)

一昨日のブログに書きました、後期高齢医療制度のおける定額払いについての国保中央会での報告書に対して、直ちに日医から絶対反対!という見解が示されましたが、
今朝の朝日新聞には「厚労省・75歳以上の外来医療、定額制を導入へ」と一面大見出しで掲載されました。
年の瀬にきて嫌な雰囲気になってきました。
by kura0412 | 2006-12-29 15:18 | 歯科 | Comments(0)

「厚労省は2025年度に65兆円まで膨らむとする国民医療費の将来見通しにいついて、推計方法を検証するための検討会を設置した。」と今朝の日経には1段で小さく掲載されていました。
同じ25年の国民医療費の日医総研の推計では49兆円と、厚労省のそれよりも16兆円も低い試算が発表されいます。ちなみに1994年の段階での厚生省の推計は、141兆円の医療費将来推計が発表されていました。
これを基準に医療費削減を唱えていたのですから、それを再検討するのですから1段扱いはないですね!
by kura0412 | 2006-12-28 11:01 | 歯科 | Comments(3)

国保中央会が、後期高齢者医療制度の診療報酬について、かかりつけ医に登録した後期高齢者の人数に応じた定額払い制度を導入すべきとする報告書をまとめたとのことです。
国保中央会でのまとめですので、これが直ぐに政府の決定に直結するとは限りませんが、その報告書を作成した研究会の委員には日医副会長も入っています。
ということは、少なからずとも、日医がこの考えを容認、理解したとも考えられます。
既に日歯は先日、この制度に関わる課題として、健康寿命の延伸、口腔ケア、ターミナルデンティストリーの3点を掲げています。
これが従来の出来高払いを念頭に考えていたのか、または、既にその情報を察知して、この動きを加味しての提示なのかはまだ分かりませんが、この発表は、今後、歯科界での後期高齢者医療制度の議論に大きな波紋を呼びそうです。
by kura0412 | 2006-12-27 11:21 | 歯科 | Comments(4)

第二の書斎

今日は午前中診療して午後から会議の為、今年最後の東京です。
新幹線の中で、読みたい本を一杯買ってあるのですが、今日も資料の整理で終わりそうです。この土日で感じたのですが、新幹線と違って飛行機の中では何も出来ないですね。
それに比べ新幹線の中は僕の第二の書斎で、非常に仕事が進みます。今日もたっぷり資料をもって資料の整理です。

そんな僕に、以前、隣で座った男性に聞かれたことがあります。
「弁護士さんですか?」

そんなに収入があれば、一日休診でき、新幹線の中まで仕事持ち込まず、ゆっくりと読書をしています。
by kura0412 | 2006-12-26 09:47 | 歯科 | Comments(0)

四国・高松を訪れて

この土日を利用して、プライベートな用件で小学生の息子を連れて四国、高松に行ってきました。そして日程が遇い、日頃、親しく、ご指導頂いている先生方とも懇親でき、非常に有意義な、楽しい旅となりました。
初めて訪れる街と、日頃、東京でお逢いする先生方が住まれている地域を重ねると、なんとなくその土地柄とその先生方の人柄が微妙に関係している印象をもちました。
四国・高松は、人口40万都市でありながら、海にも、山にも囲まれ、城下町としての歴史を感じ、のどかでありながら、エネルギーも感じる街です。お逢いした先生方も、まさにそれと同じです。
ご馳走になった網焼きの肉を「生まれて初めてこんな上手い肉を食べた」と、息子が稼ぎの少ない父親を皮肉るかのように大喜びをしていました。
by kura0412 | 2006-12-25 15:19 | 歯科 | Comments(0)

今回の一連の医療制度改革を先生方は評価しますか、しませんか、と問われればどう返答なさいますか?
予防的な視点を持ち込んで、それによって国民の健康を守っていこう、という点に限れば、今回の改革は評価してもいいと考えている方もおられるようです。

先生方はどうお考えでしょうか?
by kura0412 | 2006-12-22 17:07 | 歯科 | Comments(8)

昨日は会議終了後、都内で開業されている先生方と懇談しました。
都市部、それも最近の都内のテナント料の高さは聞いていましたが、スタッフの給料の高さ、またその程度に対しての話には、ただただ驚くばかりでした。
私のような田舎の開業医でもヒーヒー言っているのに、確かにこれで同じ保険点数ではやっていけないし、現状では、やはり自費率を上げるしかないのかな?そんな印象をもちました。
しかし、政府が定める保険点数を一律を崩すことは難しいでしょうから、なかなかいい妙案が浮かばないのが実際です。
私自身はこの問題も含めて、歯科界の混迷を脱する現実的な対応として、差額診療的な発想は今後必要だと思っていますが、これには歯科界内外で未だに抵抗感が強いのが現実です。
by kura0412 | 2006-12-21 15:36 | 歯科 | Comments(1)

忘年会と本音

昨日は地元の教育行政に携わる人たちとの忘年会でした。
この地域特有の大きな課題にも目処が立ち、また、これだけ教育問題が騒がれている中、何とか1年間大きなトラブルも発生せず無事終えそうという皆の安堵感で、結構楽しい宴席となりました。
とは言うものの、一日一日が勝負が現在の教育行政の現状です。
丁度地方行政では、来年度概算予算の真っ只中で、翌日の仕事もそれぞれあり、一次会で殆どが帰宅したようです。
私も午前の診療を終えて、これから会議の為上京です。予定では新幹線の中で改正された教育基本法の勉強をしようと考えていましたが、呑み過ぎて寝そうです。
教育基本法改正でこれからいろいろな課題が新たに生まれてきますが、教育の場の実際は、あまりのも課題が多すぎて、それどころではないのが本音です。
by kura0412 | 2006-12-20 11:46 | 歯科 | Comments(0)

辛い世界の存在を知る

昨夜は親交のあるスポーツ選手達と懇親しました。丁度今、松坂が60億円トレードでマスコミを賑わせていますが、当然ながらこれは頂点の話であり、その他大勢の選手の世界ではまさに別世界が存在するようです。
特に、昨日聞いたサッカー選手の契約の裏話は驚きました。
はっきりいって選手を使い捨て状態が現実のようです。
あるレベルで結果が出ない、また怪我すればその時点で契約継続はしないというケースが多くあるとのことです。
幸いにも昨日懇談した選手は、来期も契約継続が決定しているので、気持ちは既に来期を目指していましたが、こんな状態ですから引退後の夢はあっても、お先真っ暗の状態が現実のようです。
しかし使い捨ても辛いですが、今の歯科界の活き殺し状態も辛いものです。
by kura0412 | 2006-12-19 12:36 | 歯科 | Comments(0)