<   2006年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

民主党所属で神奈川県議でもある歯科医師の大木哲先生が、大学の同窓でもある石井みどり氏を支援する為、民主党に離党届けを出したというニュースが入ってきました。
そしてそれを受け民主党内では除名すべきという声もあり、現在党内で大木先生の処遇を検討中だそうです。
恐らく大木先生は歯科医師としては来年の選挙の重要性を、また、政治家として民主党に所属したまま自民党公認候補を支援するのでは道理が通らないことを感じられての決断だと推測します。
ご自身の政治生命、生きるか死ぬかを賭けての戦いに自らが判断し、挑まれる固い決意を示したものと思います。
まさに選挙という戦いの凄さを示す出来事です。
by kura0412 | 2006-07-31 11:44 | 歯科 | Comments(0)

谷垣財務大臣が自民党総裁選への立候補を正式に表明して、いよいよポスト小泉の争いが始まります、というよりもポスト安倍の戦いも繰り広げられる。こちらの方が正しいのかもしれません。
というのも、ポスト小泉の後は安倍で決まっても、その後、また安倍と並ぶ自民党の顔がはっきりしません。
従来ならば、それぞれの派閥の領袖ということになりますが、既にその慣習は小泉首相の誕生で破られています。現在、有力といわれている候補は山崎拓元副総裁以外は派閥のトップではありません。
となれば、ここで総裁選にい挑み、安倍氏の次の票を獲得するば、またそこまで行かなくても、ここで手を上げておけがポスト安倍の可能性が高くなります。
ただ、そんないつのことになるか分からない次の次を考えるよりも、安倍支持に回り現実の対応する。これが基本的な自民党議員の考えだとは思いますが?
by kura0412 | 2006-07-28 17:18 | 歯科 | Comments(2)

昨日のブログに池田先生のコメントみてハッとしたことは、僕らは歯科と全身のとの関係の重要性を訴えているにも拘らず、8020を20ばかりを目指すことを提案して、実行してきたんですね。
やはりこれから歯科が目指すのは「80+α20」(ゴロが悪くてすみません)
歯科と全身との関係をPRする為の発想の転換としてはこのくらいのアクセントが必要だと思います。
産経新聞(3月1日)に掲載された日歯大の中原泉学長のインタビュー記事にあった
「医療を生命への遠近度で見るな。生命体を取り扱っているいる点においては医科も歯科も同じ。」
もっと歯科医師だけでなく、日本の歯科界が毅然とした気持ちで主張すべきだと思います。
by kura0412 | 2006-07-27 16:12 | 歯科 | Comments(2)

昨年の日本人の平均寿命が6年ぶりに前年度を下回ったという厚労省の発表です。
そしてその理由を、昨年猛威を振るったインフルエンザが関係したと決めてつけています。
果たしてインフルエンザだけが理由でしょうか?またそんなに簡単にその原因を決めつけていいのでしょうか?それを結論付けられる厚労省大好きなEBMは整っての結論でしょうか?
本来、まだ右上がりであるべき平均寿命が下がったことの重大性を、果たしてどこまで認識しているか疑問です。
その結論は来年分かります。少なくても今年はインフルエンザは流行りませんでした。もし、下がるまでとはいいませんが、その基準は前年度比との比較ではなく、05年との比較で判断しなければいけません。政府は数字のマジックを巧みに操ります。また、マスコミはその検証をしません。
by kura0412 | 2006-07-26 14:56 | 歯科 | Comments(2)

政府は07年度予算シーリングの社会保障分野の自然増7450億円の中、2200億円削減することを閣議で了承されました。これで2200億円の削減額は03年度シーリングから5年連続だそうです。
今回は厚労省としては一応、失業給付の国庫負担と生活保護の見直しで工面する予定にしているようです。
自然増ということは、本来、現状を維持するだけでもこれは必要な予算であって、削減するということは現状を後退するのもやむなしという決定です。
この削減を支持する人たちに主張する人たちには、
削減しても今までやれてきているではないか、
そいゆう意見もあるはずです。
しかし、その実際は、医療制度だけみてもその結果歪が年々大きくなり、制度そのものが破綻する可能性が強くなっていることは、医療現場にいるわれわれは感じているはずです。
そしてもう一点この決定で気づくのは、2200億の財源の多くを失業保険から賄おうという発想です。
これは同じ厚労省でも旧労働省の予算枠なわけで、別々であったらあり得なかった決定です。ひよっとすると厚労省内部ではその決定に対立もあったかもしれません。
つまり中央省庁再編によって一緒になった為にその実現出来たし、予算配分のシエアをもいじり、政府予算の中の枠組みをもっと変えれば、必要な社会保障費を捻出することも可能であるという証でもあります。
by kura0412 | 2006-07-25 15:47 | 歯科 | Comments(0)

来年の参議院選挙での自民党の苦戦の理由はいくつかいわれていますが、その一番の理由は、01年の参議院選挙は小泉ブームで自民党圧勝しその改選だから、議席維持はもともと難しいということです。
自民、公明の改選数79名、非改選数57名。公明党が現有議席を維持して自民党が04年並の結果で与野党は逆転します。過半数までの15名の裏表で結果は決まります。
となれば、ここは日歯連盟はそのイニシアチブをとって有利に働く政党の支持を優先することも一考です。ところが、現在の日歯連盟組織の評価は01年の結果、また一昨年の事件で、政治の世界では低い評価のままの現状です。その為に、政党の選択を考えることも重要ですが、その前に、まず、日歯連盟という組織の政治的な力がどの程度かということをしっかりと数で示すのが、来年の選挙で大きな目標となります。
もしそれが出来たならば、参議院での与野党逆転のような混迷する政局となった時、現在政治の場面より政治の力はかなり強いものが得られます。
今考えるのは、まずまとまって数を示すことです。
そして、その為に歯科界に共鳴、賛同してもらえる政策の提案を示さなければならないのは当然です。
by kura0412 | 2006-07-24 08:46 | 歯科 | Comments(2)

ポスト小泉の有力な候補だった福田元官房長官が不出馬の表明をしました。
これで安倍官房長官でほぼ決まりです。
意欲を示す麻生外務大臣、谷垣財務大臣、福田不出馬で名前が挙がってきた与謝野金融大臣や額賀防衛長官などは、出馬したとしても総裁選に勝つためではなく、次の政権での力を保つ為の出馬として考えるべきです。
しかしこれで独走となった安倍晋三氏も落とし穴がないわけではありません。
そのタカ派的な発言、またスキャンダルなどをマスコミが虎視眈々と狙って足元をすくおうとしています。そして、何とっても政治家名門ファミリー出身とあって、いろいろな体制が旧来型を伝承している可能性(政治資金関係など)があり、そのあたりも十分マスコミのターゲットになるかもしれません。
歯科界としては、安倍氏はもともとは厚生族を目指したわけで、基本的には小泉路線継続ながら、昨年の改定決定時の動きを見ても微妙に変化する可能性もあります。
これで来年の参議院選挙は安倍対小沢の構図となりました。1年間の間にはいろいろあります。
by kura0412 | 2006-07-22 16:20 | 歯科 | Comments(2)

医学部では臨床研修制度導入を機に大学病院離れが進み、大学の講座制によるピラミッド体制が崩れると共に、地方病院への派遣が出来なくなってきているとのいろいろな報道があります。
その為に大学側から研修医制度の見直しに提案がなされたとの今朝の報道です。

教授を頂点としてのプラミッド体制、ドラマ白い巨塔の題材にもなったこの体制がもろくも崩れかけてきているようです。
その是正は難しいだろうと思われたこの体制が、その意図なく、別な制度の変更で一気に変わることとなったところをみると、歯科におけるいろいろな改革も、全く違った視点で取り組むこともプラスに作用するかもしれません。
それと忘れてはならないのは現代の若者の考え方の変化です。それに関しては会務を携わっている先生方が実感しているはずです。
by kura0412 | 2006-07-21 16:54 | 歯科 | Comments(0)

厚労省の「医師の需給に関する検討委員会」は最終報告案をまとめ、そこで注目は「これから、医師数全体の動向としては充足の方向にある」という打ち出した表現を削除する大幅な修正を示したとの報道がありました。
これは地域偏在で深刻な県対象ではありますが、従来、医師の数は充足しているとしていた考えを180度変換する提案です。
問題はこれからです。この厳しい財政状況でどこにその財源を求めるか?
私はこの機に歯科界のパイは減ることになっても、歯学部の削減とリンクできないか?またそれは検討するに値する考えだと思っています。
日歯のその担当の関係者の先生から、今までもその提案をしてきても、医師の数は足りているとして、医科は門前払いだったと聞きます。
しかしその前提が地域の部分的ながら崩れます。今一度、歯学部の入学定員を削減する中での医学部の増員を訴え、検討する時期が来ました。
by kura0412 | 2006-07-20 14:18 | 歯科 | Comments(0)

厚労省の市町村保健活動の在り方などを話し合う検討会の初会合が開かれ、来年の2月に報告書をまとめとの報道です。
そこでは市町村保健師や管理栄養士などの専門技術職員が、介護予防や生活習慣病対策に対応するための体制や配置基準の考え方を検討するということになっています。
残念ながらその中には歯科、歯科衛生士の文字が見えません。実際は検討項目入っているのか、この検討会のメンバーに入っていなかったのかは現時点では確認できません。
各市町村で実施する健診事業でも、これだけ積極的に歯科は関与しているのにどうしたのでしょうか?歯科の厚労省とのパイプがいかに細いか、情報網の不備を疑いたくなります。
本来ならば、この会合が発足する前に事前に察知して関係者を参加させれば方向は見れるのですが、まだ間に合うと思います。
by kura0412 | 2006-07-19 13:16 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言