<   2006年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

小泉首相の腹の底

小泉首相が国会延長をしないことを明言した為、医療制度改革法案以外の重要法案が先送りの公算が強くなってきました。
そのポイントとなったのは小沢党首に代わった直後の千葉の補欠選挙で敗れた結果、そして、社保庁不正問題が表面化した中で社保庁改革法案成立強行突破は難しい、これらが表面上の理由です。
しかしもっとその小泉首相の腹の底に潜めている考えがあるはずです。
まずは靖国神社の8月15日参拝です。
もし、これを強行するとしたら、国会は開催していない方が得策です。それと共に、これを実施すれば、郵政民営化、医療制度改革と首相就任当初掲げていた公約を果たすことになります。
つまり、教育基本法改正や、国民投票などが重要法案と言われても、継続審議になる法案は小泉首相の眼中にはないものなのです。
恐らく、拉致問題もポスト小泉一番手の安倍官房長官に任せてこれ以上手を付けず、多少の支持率低下をみても、あとは任期一杯サミットや外遊で時を過ごす。
そんな考えだと思います。
既に昨日の森派のパーティーでは安倍対福田の火花が散ったとの報道があります。これで国会終了と同時に一気にポスト小泉が進みます。
by kura0412 | 2006-05-31 09:53 | 歯科 | Comments(0)

今日の日経の一面は凄いですね。
社保庁監査の改革前倒しのトップ見出しの横に、大手生保、8年ぶり増収、医療・がんなど堅調とあります。
まるで社保庁が駄目だから公的保険は頼りにならず、医療は民間保険にすれば経済が活性化する。
最近の私は、こんな解釈する、かなりひねくれ者になっています。

しかし、あまり好きなことを言うといじめられる恐れがありますが、社保庁は酷すぎますね。
数人の職員が不祥事を起こしたかどうかのレベルではありません。26都府県で115000件もの年金不正免除を組織的に実施していました。
この問題は、年金問題だからと静観することも出来ません。社保庁全体の組織的問題ですから、われわれにも何がしかの影響が及んでくるはずです。
フ~
その社保庁にも歯科医師は指導、監査を受けているんです。
by kura0412 | 2006-05-30 12:07 | 歯科 | Comments(0)

昨日所用があり、久々に柔道の昇段試合を見学してきました。
大学時代に始めた柔道ですが、忙しさと、腰の具合が今ひとつの為、ここ何年か柔道着を着ていません。しかし、高校生の試合を見ていると、何故かムラムラと昔の現役時代を思い出し、試合までいかなくても、小中学生相手に練習をしたくなってきました。
と思っても、無理の出来ない年齢に私もなっています。もし、練習を強行すれば、2,3日どころか、しばらくは体の痛みで大変だと思います。しかし極端な最近の運動不足の解消にも役立ちます。さて、どうするか?
by kura0412 | 2006-05-29 14:41 | 歯科 | Comments(8)

財政・経済一体改革会議の下部組織として発足した与野党の実務者協議会で歳出削減案の調整がなされ、再び社会保障分野が槍玉に挙げられならがらも、医療に関しては医療制度改革法案の審議と重なり調整が難しいと報道されています。
一方、安倍官房長官の私的諮問機関である社会保障の在り方に関する懇談会では、医療費の追加抑制を求める声が強くなっているとの報道もあります。
現在、国会審議中の重要法案である医療制度改革の議論の真っ最中のこの話は、やっぱり、まだまだ、医療に対して締め付け、抑制の嵐が控えていることを示しています。
今回の改定の理不尽な結果は、源を質せば、この医療抑制政策が根源です。これに乗じていいようにやられたわけです。それも、いつ終わることのない議論です。
本当に日本の医療、歯科医療はどうなるのでしょうか?どうあらねばならないのでしょうか?いささか嫌気が差してきました。
by kura0412 | 2006-05-29 14:25 | 歯科 | Comments(2)

歯科界にも小沢流登場

民主党の小沢一郎党首が、参議院議員候補者擁立の目処が付いたら、党内の医療関係議員に対して、日医、日歯との政策協議の場をを設けるように指示したとの報道です。

いよいよ歯科界にも小沢流の登場です。

これはあくまでも選挙運動一環としての対応です。でも、民主党からの積極的な働きかけです。既に、石井みどり氏が自民党公認決定した後です。また、このブログでも先生方から書き込みもあったように桜井議員の現場の声を代弁してくれた緊急アンケート、国会質問に対しては、党派を超えて先生方からも支持があります。
選挙が絡んでなければいずれの両立も可能です。しかし、選挙が絡むとそうは簡単にはいきません。
さてどうゆう理由をもって判断を下すか?
日歯連盟の幹部の先生には、この小沢党首の考えは、日歯連盟の力を認めての言動ならば、嬉し、悲し、気持ちになります。
by kura0412 | 2006-05-27 14:21 | 歯科 | Comments(2)

歯科は幸福を与える分野

今週のAERAに「幸せの数式」というタイトルでの特集がありました。
そしてその中では、
幸福=健康×(人間関係+仕事)

幸福≒√経済力×健康×人間関係

など、現在流れる経済至上主義への警笛を鳴らす共に、健康が幸福の絶対値、これが0あるいは、小数点ならば幸福にはなれないことを示していました。

歯科の分野にはこの健康に加え、食べる楽しみを与えるという意味で、

幸福=健康×(人間関係+仕事)+食べる喜び

幸福≒√経済力×健康×人間関係+食べる喜び

この+の部分にも寄与する、幸福を与える分野だと感じています。
河邊清治先生が「口福」という言葉でよく使われていましたが、
「幸福」
これがこれからの歯科の再生を担うキーワードになるかもしれません。
by kura0412 | 2006-05-26 13:35 | 歯科 | Comments(0)

安倍官房長官がポスト小泉に名乗りを上げたという報道が、今朝の新聞各紙を賑わせています。
それと共にポスト小泉に変わって、その政策がどのように変化するか?この政策におけるポスト小泉の行へについても、候補者とリンクしてこれから話題になってくると思います。
もはや、首相を決めるのは、従来の派閥力学や国会議員の意向だけではなく、政策の違い、国民からの支持率などに大きく変化しているからです。
これは日歯連盟の次期参議院選挙のおける選挙運動にもいえことです。
旧来の歯科医師連盟が推薦したから、歯医者だから、そんな理屈での選挙運動展開では、もう支持も得られなければ、当選もできません。
選挙に勝つ政策を考えるには、昨日先生方か寄せていただいたように、歯科界は医療政策に関してどうゆう政策を望んでいるのかを候補者、支持組織はそれに耳を傾け、そしてそれが具現化できるような政策としてまとめ提示できるか?それなしでは選挙は戦えません。
先般、日歯連盟役員の先生に聞くところ、その内容は別としても、その作業は実施し選挙運動を展開するという話は聞いています。
by kura0412 | 2006-05-25 12:09 | 歯科 | Comments(0)

開業医としての目線で

正式に日歯連盟の次期参議院候補になってから初めて、昨日石井みどり先生と逢いました。
既にその顔と考えを知ってもらう為、全国を動き廻っているとのことでしたが、依然と変わらないバイタリティーある口調と、先生の明るいキャラクターは健在でした。それと共に、同じ開業医の目線で、開業医の代弁者として政治の世界に挑みたいという、強い志を私にも披露してくれました。
既に、自民党の一次公認も得て、後援会組織も立ち上がりました。現時点では自民党に逆風が予想され、また、一連の事件で歯科医師の政治離れも進んでいます。非常に厳しい選挙です。
しかし次期参議院選挙で敗北すれば、歯科界を代表する国会議員は一人もいなくなります。今回の改定で職域代表議員の存在に対して、疑問を投げかける先生もいます。しかし、いてもあの結果ならば、いなければ更に酷くなるのは必至です。
一度会って話を聞けば、歯科医師として一票入れたくなるような先生なんですが、それをどうやって全国の先生方に伝え、理解を求めて支持してもらうかが選挙戦の大きなポイントです。
by kura0412 | 2006-05-24 12:16 | 歯科 | Comments(14)

通達を無視

土曜のの日経経済面で、
第2のビールの増税分を値上げしてない実体を是正す為出された
「税率の見直しは原則、販売価格を通じた適正に転嫁されるべきだ」
という国税庁の通達に対して、それを無視し、小売りでは値上げを避ける動きが目立っているとの記事がありました。
そして税収狙いの通達なぞは市場の前では無力だ。
と結んであります。

小泉内閣が謳う市場原理主義というのはこうゆう結果を導きます。
恐らく、国会でこの点を小泉首相に質問すれば、この流れを肯定し、自画自賛すると思います。
しかし、医療の世界でも、今回の改定で、臨床の現場の先生方の頭を悩している通達を無視すればどうなるか?

市場原理主義が絶対といことはありません。
また通達の意味というのはこの程度なのでしょうか?
by kura0412 | 2006-05-22 14:02 | 歯科 | Comments(5)

衆議院議員からの転身

10年ほど前にまちづくりのシンポジュウムのパネリストで一緒になったことのある、民主党の元衆議院議員の嶋聡氏から今朝はがきが届きました。
昨年の衆議院選挙で破れ、政界から足を洗ったといことは聞いていましたが、その後の行き先は知りませんでした。
そして、今朝届いたはがきを見ると、ソフトバンクの社長室長と肩書きはなっています。
彼は、松下政経塾の出身で、自身もいわゆる街づくりのシンクタンクを設立し、その後愛知県から世界へ転出した人です。それが今度は、財界で新風を巻き起こすソフトバンクへの転身です。ある意味でミスマッチ?でも国会議員を会社に取り込む。なるほどな!そんな印象をもちます。
その結果はどうなるか分かりませんが、この感覚、センス、これが今の歯科界にないんです。いい悪いは別にして、この感覚がないと、今の日本の社会では生きていけないのかもしれません。
by kura0412 | 2006-05-20 12:41 | 歯科 | Comments(3)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言