選挙は戦い

愛知県歯会長選挙が昨日行われ、現会長が僅差で再選されました。
選挙の実際は詳しくは聞いていませんが、愛知県歯は4000名近い会員からの直接選挙です。その票差を考えれば、それなりの激戦であったことは間違いありません。そして、この結果がしこりとなって、これからの会務への影響も心配されます。
特に、愛知県は、その県歯の規模の大きさもさることながら、昨年の事件で県歯連盟会長が逮捕されるという事件があっただけに、今後の会務の推移は全国へ影響が波及する可能性もあります。
時も同じく、イラクでも初めての選挙が実施され、今後の動向が注目されています。選挙は、選挙中よりも、結果が出た後の問題も十分に考える必要があります。全くしこりを残すなというのも無理な話なのですが、あまり度が過ぎると組織がガタガタになってしまいます。戦う時は激しくやりあい、そして結果出たら爽やかに握手をするのが理想ですが、選挙は戦いです。
by kura0412 | 2005-01-31 16:54 | 歯科 | Comments(1)

新幹線で2時間の違い

昨夜からの雪で、また、小千谷は雪だらけの世界になってしまいました。
実は、一昨日は新潟で会議で、昨日は、朝一の新幹線で上京し、夕方トンボ返りして、小千谷でいつもゆく郊外のドライブインで家族と夕食を共にしました。しかし、お客は私たちの家族だけ、田舎ですので、店の造りはしゃれた感じではあれませんが、安くてお腹一杯になる店なのに、地震の後遺症とこの雪で店長も諦め顔でした。
実は、小千谷市内の小売り、飲食関係の店は一部を除いて殆ど同じような感じです。
生きるか死ぬかの時を過ぎ、家の建直し、修繕を初め、もろもろの出費、そして、地震の影響による企業の首切り、小千谷の消費マインドは著しく低下して、お金、人の動きが、地震と雪のダブルパンチで止まっています。
復興の為、多額の国、県の予算が小千谷市にも入ってくるのですから、何かそのお金が回るシステムがないものかと私なりに考えるのですが、妙案が浮かびません。
こんな考えをしたくなるのも東京の晴れ上がった天気と、人の多さを目の当たりにしてのことだと思います。新幹線で2時間と違わない場所なんですが。
by kura0412 | 2005-01-31 11:59 | 中越 | Comments(0)

備忘録

北朝鮮が拉致問題に対して「備忘録」なるものを発表しました。
備忘録?聞きなれない言葉なので広辞苑を調べると、忘れる時の用心に書きとめておくノート、手控え。となっています。
まさか、この問題で日本人が忘れるはずもなく、この問題に対しての北朝鮮の認識は所詮、忘れるかもしれない問題として扱っているのか、意識的に振舞っているのか、訳の分からない言葉をあえて使ったものです。
その要旨をみると、また、おかしなことばかりです。
まず、横田めぐみさんのことを「横田めぐみ」と呼び捨てにしています。
自らが拉致の存在を認めた横田さんに対して、呼び捨てにするとは言語道断です。このこと一つで、いかに拉致問題に対して、真摯に反省し、解決を目指していないかが一目瞭然です。
日本の遺骨鑑定結果は徹底的なねつ造。信頼することのできない日本。遺骨鑑定結果をねつ造した日本の本心。そう評する表題を北朝鮮に変えれば、あえて自らを評しているようです。
特に、東京歯科大学の橋本助教授がその鑑定に関わったとされる部分では、千二百度で火葬した遺骨をDNAで鑑定しても、個人的名鑑別は不可能であるのがわが国の常識である。と言っています。つまり、高温で焼いて鑑定出来ないものと思って試料提供したら、日本には、それ以上の鑑定技術があって、うそがバレタということです。
日本の中で制裁論が強まっている中、こんな強気のコメントを新たに発表する裏づけには、中国の支援強化があるという推測する専門家もいます。となると、制裁論発動だけで解決するのも難しいかもしれません。
しかし「備忘録」、この言葉は、歯科界でもこれから、いろいろ使えそうな面白い言葉です。
by kura0412 | 2005-01-28 09:48 | 歯科 | Comments(0)

今日の日経新聞に、政府が、インド洋大津波で被害を受けたタイに遺体鑑定や邦人被害者の身元確認の支援のため、陸空自衛隊の歯科医官を二名派遣するとの小さな記事が載っていました。
実は、今回の大津波での歯科医師会としての支援で、この身元鑑定が一番の仕事になるのではないか、また、この支援を発展すれば、歯科の新しい役割が示せるのではないかと考えていただけに、この報道にはいろいろ考えさせられます。
政府としては、やはり、昨年の事件があったために、歯科医師会には頼めないと考えたのか、また、たとえ医官であっても、自衛隊の海外災害派遣という実績をさらに積みたいのか、その真意は分かりませんが、災害時の歯科医師しか出来ない社会貢献の一つであることは間違いないようです。
そう考えると、中越地震での歯科医師会としての教護支援が、身元鑑定ではなく、口腔ケアという前向きな仕事だったことにほっとするものもを感じます。
by kura0412 | 2005-01-27 10:43 | 歯科 | Comments(0)

収録取り直し

今日の午後、NHK新潟のテレビの生放送に出演します。その後、来週用の収録もあります。来週用の収録分は、本来10月20日に生放送だったものが、台風のニュースで番組が飛び収録となり、翌週27日に放送予定だった分です。つまり、丁度地震発生の10月23日をはさみ、これも地震報道のため放送が中止されることになったものです。
また、昨日は日歯が毎週放送している日本テレビの「ご存知ですか」の収録〈2月1日放送)を小千谷で行いました。
いずれも短い番組ですが、その制作の実際を見るとき、大変な作業、労力を要するのが分かります。今、冷静に考えれば、地震直後の報道ラッシュには、物凄いスタッフが全国から小千谷を訪れ、報道していました。その当時、マスコミのエネルギーを感じていたと共に、当然のことながら、全国の視線が小千谷に注がれていたいました。
そのマスコミ関係者数も、現在は極端に減り、小千谷がマスコミに登場する機会もめっきり少なくなってきました。全国の目が中越地震から離れ、風化していいくこと、復興半ばの今、私は心配いしています。まだ被災地は自立だけでの復興は出来ません。
by kura0412 | 2005-01-26 10:15 | 中越 | Comments(0)

認定に不満が

現在、小千谷市では、住家被害の認定への不満が出ています。小千谷市の場合、殆どが一部損壊に認定されています。これによって、各種公的な補助、義捐金の分配金などに大きな差が出てきますので、こんな状況では、その認定に対して敏感になるのも分かります。
市の関係者に聞くと、この認定作業には、市の職員と他の行政の人間との二人で、マニアルに基づいて判定しているとのことです。
ただ、問題は、小千谷より被害が少ないはずの他の市町村と比較すると、明らかにその認定が厳しい統計になっています。小千谷市の認定が厳しいのか、他の市町村の認定が甘いのかは分かりませんが、バランスを欠いていることは事実です。市は、認定に不服の人は遠慮なく再調査を希望してほしいということですが、その処理は難しそうです。
by kura0412 | 2005-01-25 10:50 | 中越 | Comments(0)

地震より厳しい財政状況

地震の影響で被災地の来年度予算編成が大幅に遅れています。遅れているというよりも、組むための原資の目処がたたず、建てられないというのが正しいかもしれません。
ここ何年間は、三位一体の影響を受けながら、経費削減に努めながらも、足りない分は財政調整基金から繰り入れて、何とか帳尻を合わしていたのが実態でした。
その頼みの綱の基金が、地震による補正予算への支出の為底をつきました。小千谷市でも本来、この時期に大型の補正予算を組みたいのですが、その原資がない為に組めません。今回の補正では県からの100%補助の予算案だけです。現在、事務レベルでは、来年度予算の査定中ですが、厳しいということでは言い表せない予算編成だと聞いています。
本来なら、足りなければ借りるというのが一般的な考えですが、起債比率というハードルがありますので、足りないから借りるという構図も出来ません。
市の職員が「地震直後の対応も苦しかったけれど、まだ、財政担当でなくてよかった」と私に本音を漏らしてくれました。被災地の財政は、地震より厳しい状況であるということです。
by kura0412 | 2005-01-24 11:32 | 中越 | Comments(0)

愛を感じない施政演説

昨日の小泉首相の施政方針演説の冒頭、中越地震の対応について「国内の被災地が迅速に復旧事業に取り組めるよう、激甚災害指定を行い、補正予算を編成しました。一日も早く被災者の方々が安心して生活できるよう、復旧と復興に全力をつくす」と言っています。これを私なりに解釈すれば、災害に対しては、補正予算で対応したので、その後は、法律に載って処理するだけということです。
郵政民営化も大切です。テロへの脅威を払拭するのも重要です。しかし、たとえその対象が少なくても、被害に遭って苦しんでいる国民がいる国家の首相の施政演説とは到底感じません。この演説にも国民に対する愛情が全く欠如しています。
これで被災地は、更なる支援を国に頼ることはほぼ不可能になりました。被災地が選ぶ次の手は一体何があるのでしょうか?
by kura0412 | 2005-01-22 11:42 | 中越 | Comments(0)

NHKと朝日新聞のバトル

NHKと朝日新聞のお互いの報道合戦は、近来まれに見る面白いバトルであり、それと共に、現在のマスコミの偏重を如実に表した戦いとしてみることが出来ます。
現在、戦いの真っ最中ですので、その勝負の行くへは分かりませんが、現時点では、明らかに朝日新聞が形勢不利の状況です。
その理由は、まず、中川大臣がNHK幹部と面談したしたのが、放送後であったということで、その報道の中に確定的な誤りが存在すること。そして、記事の源の一つになっていたNHK幹部の供述した本人が、その記事の内容を明白に異なっていることを発表したこと。この二つの事実だけでも、朝日新聞の記事の信憑性は著しく低下しました。
朝日新聞のことですので、その面子にかけて、特に、相手が海老沢会長の問題で著しく国民からその信頼を失いかけているNHKですので、このままでは終わらないはずです。しかし、今回、その取材対象となったのは、NHKという自らが反論を展開できるメデアだからこそ、こんなバトルになりました。しかし、記事の対象が一般の団体、会社ならどうだったでしょうか?
昨年の日歯関連の一連の事件の報道の中にも、事実と明らかに異なる報道がいくつもありました。私も、地元の歯科医師会への報道で、事実に則さない、あるいは、偏重的な論調での報道の対応に苦慮しました。しかし、マスコミは、名称、数字の誤り以外、よほどのことがない限り、その報道の非を認めないのが常です。したがって、もし、マスコミ以外の報道された側が、事実と異なる報道に対抗する術は、法的処置しかありません。現在の報道の中には、今回のように喧嘩にもならない、国民の目には事実と異なる認識がされる可能性があるということです。特に、歯科界という、一般にはなじみがない、ある意味で特殊の世界での出来事です。今回のバトルをみて、改めて報道のあり方、報道する側の姿勢を考えさせられます。
by kura0412 | 2005-01-21 11:51 | マスコミ | Comments(0)

再開してから初めて、上越新幹線に乗って、会議の為上京しました。一昨日の余震で運転を中断して心配しましたが、時刻表通り運行されてます。しかし、東京の天気を見るとその環境の違いを改めて感じます。
まず履物が違います。長靴ではありません。マフラーも手袋もなくても歩けます。一晩で1メートルも雪が積もる小千谷とは、まさに別世界です。
一瞬、地震に遭い、雪に埋もれる地域からの脱出も考えますが、やはり、私はどんな環境でも小千谷が好きです。その為にも、小千谷が今陥っている環境を関係者に理解を求めることに努めると共に、自分の置かれている立場で、改めて地域の復興を目指す気持ちが湧いてきました。
by kura0412 | 2005-01-20 12:14 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言