日本の歯科界を診る(ブログ版)


コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
by kura0412
プロフィールを見る
画像一覧

<   2004年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

厚労省幹部処分される

厚労省から幹部二人の処分者が発表されました。いずれも吉田元議員からの接待を受けたことがその処分の理由です。
それと同時期に、社会保険庁幹部が贈収賄で逮捕された報道もありました。
結果、日歯の金が吉田前議員を間にしての事件ですので、偉そうなこともいえないのかもしれませんが、地方の技官などは、歯科医師会役員との飲食の接待は一切受け付けないと聞いているだけに、あの岡光事件があっても、未だにこの状況には驚きます。懲りない官庁です。
しかし、結果、御身を守るが為に、当初噂されていた歯科保健課の室への格下げ、歯科医師以外の課長へ登用も見送られました。こんな状況ですので、恐らく日歯、日歯連盟の幹部の先生のどなたかが、個人的な人脈を利して、踏み留めさせたのだと推測します。首の皮一枚残りました。
正しい、歯科医療政策を推進する為には、噂の部分は厚労省自らが、その専門性を否定するに等しい行為です。もっと、恥ずることなく専門的な高い知識を有した者同士が、国民の為にオープンな討議、検討の中での歯科医療政策の推進を期待したい所です。それをも社会は否定するでしょうか?
by kura0412 | 2004-09-30 12:14 | 歯科 | Comments(0)

臨床現場視察

昨日今日と行政の仕事で長野にいます。目的をもって視察をしてるのですが、実際の現場を見ること、まさに視察を見ることの重要性を感じています。ペーパーやHPでは感じない生の実際を見て、感じ、自らの感想をもつ。大切です。よく考えると、首相はもとより厚労大臣、国会議員、局長がどれだけ歯科臨床の劣情現場を見たことがあるでしようか?臨床現場の改善をするには首相の視察の実現を進めた方が下手なデーターを見せるよりてっとり早いかもしれません。
by kura0412 | 2004-09-29 11:22 | 歯科 | Comments(0)

一つの区切り-臼田日歯前会長保釈される-

臼田日歯前会長が昨晩保釈されました。4月14日の逮捕以来五ヶ月以上に及ぶ拘留でした。裁判に傍聴した人に聞けば、ふた周りぐらい痩せたのこと。物凄い取調べだったことは私でも推測出来ます。逆に、それだけ罪の重い犯罪だったともいえます。
2月2日の日歯会館捜索から始まったこの事件、ここで臼田前会長保釈され、一つの区切りを過ぎた感じもしますが、他の事件の行くへはまだまだ予断を許しません。地検特捜部もその規模を縮小はしたようですが、解散もしていません。
しかし、事件が今後、どんな方向へ進展しようと、現在の歯科界に課せられた課題の克服へ目を向け動きださなければなりません。もう歯科界には時間の猶予は残されていません。時代の変革期が今あります。
by kura0412 | 2004-09-28 07:01 | 歯科 | Comments(0)

今日は村岡元大臣在宅起訴&明日は日歯連盟評議員会

明日は日歯連盟評議員会です。橋本派の献金処理の問題は別にして、一連の事件の話題が日歯代議員会の会長選挙工作にいっていた感がありましたが、その問題の根源は日歯連盟、それも会計処理の問題です。
その分析も途中の段階であろうとは思いますが、会員の関心、また、それを追求する側からみれば、会計の問題を少しでも明らかに出来るかにスポットがあてられます。
そして、それが、明日説明のある改革委員会の中間報告と相まって、どのように示されるのか、現時点ではまだ無理なのか?
これは、日歯連盟再生の入り口の問題であると共に、今日、マスコミで騒いでいる橋本派の献金処理の問題が、あくまでも、これは橋本派内部の問題であったのか、日歯連盟がその内部の問題まで大きく関与していたものだったのか、それを世に明言できる指標にもなるはずです。
あまりにも不透明な部分が多いだけに、現時点では、その解明にはまだ多くの時間を要しそうです。
by kura0412 | 2004-09-27 12:10 | 歯科 | Comments(0)

ある交流会に参加

一昨日、あるスポーツ選手の呼びかけの交流会に参加しました。バスケットボールの選手、サッカー選手、熱烈なそのフアン、マスコミ関係者、そして歯医者。歳は私が一番上で、40代はもう一人の私の友人の歯科医師の先生だけの若い世代ばかりです。全体の話題は共通しなくても、それぞれの話の接点は何かはあるもので、久々に楽しい語りのひと時でした。
勿論、歯の話もありました。直接患者になるとゆう営業活動ではなく、話すことによって、治療の受けて側の気持ちも改めていろいろ分かります。
こんな経験から思うに、私自身は無論のこと、歯科界全体を顧みても、他の分野の交流の少なさ、必要性を感じます。そして、少しアルコールが入ると本音も飛び出します。語ることは大切です。どちらかというと、歯科界はこの他分野との語らいを避けていた、また、苦手にしていた感があります。どんなセッションとの人でも、歯科界自らが、その語らいを求める。歯科界がこんな時期こそ重要になってきます。
しかし、バスケットの選手は飲むは、食うは、喋るは、そのパワーには圧倒されました。来週の月曜日には、その選手達と、私の地元でリベンジの会がまた予定されています。
by kura0412 | 2004-09-25 12:09 | 歯科 | Comments(0)

プロ野球騒動が歯科界に教えてくれたものは

プロ野球のスト回避が決まりました。フアンを大切に考え、それを基に訴えること、そしてそこにパワーが生まれることを、今回の一連のプロ野球騒動の中で、古田会長の取った行動に、歯科界にいる人間としても参考にしなければいけないことを感じます。
歯科界も、プロ野球の世界以上に、現在大きな岐路に立たされています。そして、現在、いずれのセッションでも改革、改革の訴えが聞こえます。しかし、究極にはそこに行き着きますが、患者、国民サイドに立って考えた時の反省、そして今後の展望をどこまで示していたか?と、自らに問えば疑問符がつきます。
「こんな医院経営環境では、責任ある診療を続けられない。」これは、見方、示し方によっては、われわれの勝手、利益誘導のみとも捉えられます。
真の「国民の為の歯科医療を進める為の歯科界の改革の訴え」その難問に挑戦てこそ、改革が実現出来るのではないでしょうか。そして、それは夢物語だけではない、現実のものになるのだということも、今回のプロ野球の騒動は歯科界に教えてくれました。
古田選手会長・ありがとう。
by kura0412 | 2004-09-24 12:22 | 歯科 | Comments(0)

(日歯会員であって)あなたならどうする?

もし、臼田前会長が保釈され、日歯、日歯連盟にお詫びの挨拶をしたい。という申し入れがあったとき、あなたならそれを許しますか?拒否しますか?
詫びることを受け入れる度量ももちたいし、また、冗談ではない、公判が進んでいる中、これだけ歯科界、日歯、日歯連盟を混乱させた張本人を、一歩たりとて会館にはいれない。
どちらの考えも分かるだけに???保釈申請は既にされているとの情報があります。
by kura0412 | 2004-09-22 11:22 | 歯科 | Comments(2)

読売新聞の論調

今回のプロ野球のスト決行に対しての報道の論調は概ね選手会に対して同情的です。しかし、唯一それに批判的なのが読売新聞です。
その理由は明白です。
言論の自由の保障は、民主的な社会においては必須であるのはご承知の通りです。でも、逆に、報道によって、社会の論調の流れ、そして、動向を決めることも十分可能です。
今までの、日歯、日歯連盟の一連の事件報道で、歯科界内部の意見は完全に封印され、歯科医師は、自分たちの利益誘導のため金を使い、犯罪を犯した。こう結論つけられました。そんな中、読売は、政治の世界に対しては、鋭い論調を連発していましたが、歯科界に対しては、一つの冷静さも加味しながら報道していた印象を私は持っています。参議院選挙立候補断念の決定時は、その苦渋の選択を評価していたし、井堂執行部が発足した時、写真入りで報道してくれたのも読売新聞だけでした。
その読売新聞も、こと、その屋台骨でもあるプロ野球のこととなると、冷静さを失うのか、確固たる渡辺イズムで会社のセオリーがあるのか別のようです。大きい会社なのですら、セッションで視点が異なることも当然ですが。
by kura0412 | 2004-09-21 11:15 | 歯科 | Comments(0)

プロリーグ

今日の休みは去年からはまっている新潟アルビレックスのバスケットの試合を観戦してます。相手は韓国のプロリーグチャンピョン。身体の作りが違う感じです。バスケットに関しては日本は韓国に何歩も遅れをとっているとのこと。プロリーグのない日本、技術だけでなく、組織、制度の整備もその再生には必須の感じです。頑張れ!アルビ!
by kura0412 | 2004-09-19 14:27 | 歯科 | Comments(0)

古田のフアンになりました

プロ野球はスト決行となりました。記者会見の古田と機構側との比較で、この戦いのフアンの評価一目瞭然です。その結果の行くへ分かりませんが勝負ありです。
野球に、そしてフアンに対する情熱、想いが桁違いです。古田の話には説得力あったし、自らの気持ちを素直に表していました。本社からの中間管理職役者の球団代表とでは、桁が違う、そんな感じです。恐らく、オーナー達との話し合いでは結果は違っていたはずです。
今日の朝のワイドニュースでもやっていましたが、39歳、それもキャッチャーでクリーンナップで、この連日の協議。大変だと思います。でも、それを出さずしてのあの態度、男です。サムライです。僕は古田のフアンになりました。
by kura0412 | 2004-09-18 11:01 | 歯科 | Comments(0)
ミラーを片手に歯科医師の本音
回想

本紙閉刊に伴いこのコラムも今回で最後となります。平成10年9月から19年間、筆が進まない時もありましたが、締め切りを遅らせることもなく、また大きなトラブルもなく終えることにある意味安堵しております。ただその中で一度だけで校正まで終えながら書き直したことがありました。それはあの「日歯連事件」と称された事件が勃発した時でした。
あの時は一人の開業医でしかない私が、社会事件になるほどの大事件に対して実名で書くことに躊躇しましたが、事件に対していろいろな観点から憤りを感じ、もし問題となれば歯科医師を辞める覚悟をもって書きました。この事件によって日本の歯科界に大きな変化があったことは多くの先生方が感じられたことです。今思えばその内容は別として、あの時書き綴っておいたことが、その後連載を続けられた源になっていたかもしれません。
然るに風化しつつあるあの事件の本質は何だったのか。その手法に対しては司法判断が下った結果が示されていますが、事件の根本には、現在も続く歯科医療に対する公的評価の低さを何とか打開しようと考え方がありました。この点を誰もが分かっているのに言葉に出ていません。但し結果的には中医協委員が1名減員、事件後の懲罰的な18年度改定となり、歯科界の思いとは反対の流れを作ってしまいました。特に改定では、それまでの改定時で、技術料を引き下げながら作った僅かな財源を「かかりつけ歯科医」初再診料に振り分けながらも、「かかりつけ歯科医」を一気に消し去られたことによって、保険点数全体が縮小したと共に、時代の流れである「かかりつけ歯科医」という名称、概念をも否定されることになってしまいました。そして事件によって植え付けられた歯科界の負のイメージは現在も引きずっています。
日本の歯科界は今、大きな分岐点に差し掛かかり、新しい息吹が入る機運も高まっています。但し、この負のイメージを引きずったままでは大きな壁が存在します。あの事件は終わったのでなく、まだ背負っており、それを回顧することで歯科界の課題を改めて見出すことが必要です。
残念ながら現在、日歯、日歯連盟共に入会者、特に若い先生の入会が減少しています。事件の影響、また、入会することへの利点を見出せず、医療環境向上寄与への期待が薄らいでいるからです。個人で個々の臨床現場での対応出来ても、政策を変えるには一つの塊にでなければパワーが発揮できないだけに、この問題は歯科界発展の最大の課題です。その為には、過去の問題となった出来事を背景も含めて改めて見直し、そして新しい目標を示す。それも抽象的でなく、具体的な分かりやすい政策を提示することで歯科界の展望が分かることで推進力の働きとなります。
最後に、本コラムを続けなければ会うことの出来なかった全国の先生方と交流できたことは、私の歯科医師人生としての財産となりました。そして、好き気ままに綴ることを甘受して頂き、連載を許して頂いた歯科時報新社・吉田泰行社長に感謝を述べ終わります。ありがとうございました。
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧