橋本元首相派閥会長辞任

日歯連盟からの一億円献金問題が引き金となって、橋本元首相が派閥の会長を辞任しそうです。
あげた方は、その場面に臨席したメンバーはもとより、もらった小切手を胸ポケットに納めたことまで明確に覚えているようですが、一方は、「覚えていない。」「もらっていない」との返答です。
しかし、これは一般的考えても、どうもおかしい。
もし、もらっていないいうことならば、橋本元首相は、うそを言っているか、一億円の献金などは日常茶飯事なことで本当に忘れてしまった、ボケて忘れてしまったか?いずれかでしかありません。
そして、あげた側からの感情からすれば、その献金の無意味さを論議することは別にしても、血のにじむような思いで払っている連盟会費からの献金を、こんな扱いにされたのでは、たまったものではありません。
現在、経済状況の悪化、政治資金の規正が厳しくなり、パー券一枚売るにも大変な時代だという話を、友人の国会議員秘書に先日聞きました。
そんな時代でありながら、ニュースで献金をしたことが迷惑なような顔で写る橋本元首相の顔を観ると、腹がたつは、空しくなるは、政治献金は是とする考えの私でも、献金無用論を訴えてくなります。
by kura0412 | 2004-07-30 11:23 | 歯科 | Comments(0)

解散的改革

やはり、また歯科医師の逮捕者が出てしまいました。日歯連の役職も兼ねていましたが、地方での事件によっての逮捕です。地方にも波及し、いったいこれからこの一連の事件は、どんな方向に進むのか?全く分からなくなりました。
昨日、ある友人が、連盟は、一旦解散しなければ政治活動続行は不可能では?そんな意見を私にしました。私も、連盟がこれだけ追い詰められ、また、更に事件の拡大が予想されるとなれば、解散とまではいかなくても、組織そのものを全て入れ替えるぐらいの気持ちで取り組む必要性を感じています。
そして、その解散的な改革への第一歩は、今回の事件での実際の連盟のお金の流れがどうだったかを、連盟自らが調べることが出来るか否か?そこにあると思います。
歯科医療の環境整備に政治は必要、連盟活動も重要、そう理解している会員でも、この部分への疑問が、はっきりしなければ、その再生への意欲が湧きません。ここまでやられたならば、それを隠すことはマイナスの要素しかありません。くしくも、昨日、日歯連盟改革委員会がスタートしました。
by kura0412 | 2004-07-29 11:53 | 歯科 | Comments(2)

生放送

今日の夕方、私の会務の役目でNHKの地方局のニュースワイド番組に出演します。しかし、その番組の前に、全国ニュースがあります。
その時、愛知の逮捕の話が流されたら?
今から気が重くなります。生放送です。
by kura0412 | 2004-07-28 11:51 | 歯科 | Comments(0)

世の中は動いている

今日の新聞に、社会保障費2000億円に圧縮という記事がありました。
一連の事件が勃発しても、社会は動いています。もちろん改革も必要です。しかし、政府が迫る医療費にも及ぶ予算削減に対して、このまま手をこまねいているだけでは、歯科に従事する皆が野たれ死んでしまいます。
両手をもがれている様な日歯、日歯連盟の現状ですが、日本の歯科医療を守る為、執行部の先生方に、毅然とした態度で、これに立ち向かうことを期待します。
by kura0412 | 2004-07-27 12:21 | 歯科 | Comments(0)

(連載のアドレス紹介)

デンタルタイムズ21:7月15日号の私の連載が下記にアップされています。

http://www.independent.co.jp/dt21/column.html
by kura0412 | 2004-07-26 11:44 | 歯科 | Comments(0)

読売一面トップ

今日の読売新聞朝刊は一面トップ扱いで、またまた日歯という文字が入っています。
読売の一面トップに載るというのは、事件のレベルとしても、それなりに大きな意味があるわけです。一億献金に関しては、既に、日歯関係から手を離れて、政局問題へと移行しつつあります。
まだまだいろいろ出てきそうな一連の事件ですが、少し、その内容を吟味、問題の整理をし、歯科界内部で解決が迫られている問題を、順序を付け、事件の推移とは別に解決していかないと、事件の結果を待っているだけでは、更に、状況が悪化するばかりのようです。
しかし、この一連の事件が、全国紙トップを飾ったのは、もう何度になるでしょうか?
by kura0412 | 2004-07-26 11:39 | 歯科 | Comments(0)

その根底には

夏休みになりました。虫歯だらけの子供達が、学校検診の結果の用紙を持って待合室に群れを成していた、夏休み需要?があったのは、もう懐かしい思い出と成りました。とにかくわれわれは、子供の虫歯は激減させました。
採算に合わない公衆衛生活動に尽力して、歯科医師としてはその責務を果たしているのに、経済的には、「虫歯の予防がなければ、、、」そんな恨み節が出てきそうな現状は、何かがおかしい!
一連の事件は、この実際が根底にあることも、どん過ちを詫びたとしても、歯科界からも社会にしっかり伝えないければ、こんな事件は、再び起こります?
by kura0412 | 2004-07-24 14:10 | 歯科 | Comments(0)

こんな時代、先が見えないほど不安なことはありません。
昔ならば、歯科医師というライセンスを持っていれば、経済的、社会的にもある程度の余裕、保障があったので、こんな心配は必要ありませんでした。しかし、今は全くその環境が異なります。日本の歯科界の展望を示すことは、その結果をみるのは遠くても、精神的には即効性のあることなのだと思います。また、改革を謳うには、課題を整理し、これを示すことなしでの改革はあり得ないのです。
この考えのウイングを広げれば、現在の日本の社会全体に蔓延する不安は、この将来への展望、その頂点が社会保障の整備への不安です。
by kura0412 | 2004-07-23 12:45 | 歯科 | Comments(0)

保守主義

本来の保守主義とは「革命や解体は否定するが、守るべきものと変えるべきものを選別し、変えるべきものは思い切って変えること」(伊藤惇夫:永田町悪魔の辞典より)
日本の歯科界を守るには、何を守り、何を思い切って変えるべきなのか?
現在ここに属する皆のテーマです。
by kura0412 | 2004-07-21 12:19 | 歯科 | Comments(3)

一昨日、新潟県三条市、中の島町を中心とする水害にあった診療所へお見舞いに伺いました。
泥をかぶった診療所を目の当たりにし、そして、診療中突然濁流が襲い、車が飛び込んできたり、7時間、胸まで水に漬かり救援を待ってたなどの事例の報告を聞いたり、その災害の凄まじさもさることながら、もし、この状況が自分に起きたら、どうなるだろうか?その不安が自分の気持ちをよぎりました。
日本の歯科界は「危機管理」に関しての対応が話題になっている昨今、まさに、災害への危機管理は、経営者としても、歯科医師会としても大きな課題の一つであり、本来、これが出来るのが組織であるはずなのですが、現在、組織として手を差し伸べる範囲は限られたものです。
経営規模としての個々としては、非常に小さなものである医院経営を考えれば、この視点での組織のメリットを生み出すことを切り口に、日歯の再生は考えられないか?そんな感想をもちます。
by kura0412 | 2004-07-20 12:18 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言