コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
by kura0412
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ミラーを片手に歯科医師の本音
回想

本紙閉刊に伴いこのコラムも今回で最後となります。平成10年9月から19年間、筆が進まない時もありましたが、締め切りを遅らせることもなく、また大きなトラブルもなく終えることにある意味安堵しております。ただその中で一度だけで校正まで終えながら書き直したことがありました。それはあの「日歯連事件」と称された事件が勃発した時でした。
あの時は一人の開業医でしかない私が、社会事件になるほどの大事件に対して実名で書くことに躊躇しましたが、事件に対していろいろな観点から憤りを感じ、もし問題となれば歯科医師を辞める覚悟をもって書きました。この事件によって日本の歯科界に大きな変化があったことは多くの先生方が感じられたことです。今思えばその内容は別として、あの時書き綴っておいたことが、その後連載を続けられた源になっていたかもしれません。
然るに風化しつつあるあの事件の本質は何だったのか。その手法に対しては司法判断が下った結果が示されていますが、事件の根本には、現在も続く歯科医療に対する公的評価の低さを何とか打開しようと考え方がありました。この点を誰もが分かっているのに言葉に出ていません。但し結果的には中医協委員が1名減員、事件後の懲罰的な18年度改定となり、歯科界の思いとは反対の流れを作ってしまいました。特に改定では、それまでの改定時で、技術料を引き下げながら作った僅かな財源を「かかりつけ歯科医」初再診料に振り分けながらも、「かかりつけ歯科医」を一気に消し去られたことによって、保険点数全体が縮小したと共に、時代の流れである「かかりつけ歯科医」という名称、概念をも否定されることになってしまいました。そして事件によって植え付けられた歯科界の負のイメージは現在も引きずっています。
日本の歯科界は今、大きな分岐点に差し掛かかり、新しい息吹が入る機運も高まっています。但し、この負のイメージを引きずったままでは大きな壁が存在します。あの事件は終わったのでなく、まだ背負っており、それを回顧することで歯科界の課題を改めて見出すことが必要です。
残念ながら現在、日歯、日歯連盟共に入会者、特に若い先生の入会が減少しています。事件の影響、また、入会することへの利点を見出せず、医療環境向上寄与への期待が薄らいでいるからです。個人で個々の臨床現場での対応出来ても、政策を変えるには一つの塊にでなければパワーが発揮できないだけに、この問題は歯科界発展の最大の課題です。その為には、過去の問題となった出来事を背景も含めて改めて見直し、そして新しい目標を示す。それも抽象的でなく、具体的な分かりやすい政策を提示することで歯科界の展望が分かることで推進力の働きとなります。
最後に、本コラムを続けなければ会うことの出来なかった全国の先生方と交流できたことは、私の歯科医師人生としての財産となりました。そして、好き気ままに綴ることを甘受して頂き、連載を許して頂いた歯科時報新社・吉田泰行社長に感謝を述べ終わります。ありがとうございました。
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
健康・医療
政治・経済
画像一覧

カテゴリ:コラム( 33 )

CM流しておいて

連日にようにCMを流していた法律事務所が弁護士会から処分を受けました。法を守るべき弁護士のこの結果です。
そしてもう一つ問題なのが、その誤ったままでCMを流し続けてきたマスコミの責任です。彼らには処分はないのでしょうか。正義の味方のような振る舞いをしてのこの状況です。これではマスコミ離れが加速するわけです。
その既存のマスコミですが、選挙中であるにも拘らず公平性を欠く報道を連発です。今の若者は、もうテレビも新聞も見ません。彼らの情報源は、SNSやネット情報番組からの多くの情報を自らの考えで選択し判断しています。大本営発表が通じる時代はもうなくなっていることを既存のマスコミは認識しなければ衰退するばかりです。


by kura0412 | 2017-10-13 16:55 | コラム | Comments(0)

「在宅歯科診療が広がらない理由は?」と問われて

先日聞かれた歯学部の学生さんからの質問です。
「在宅歯科診療が広がらない理由を明かす文献探しているのおですが、ご紹介頂けますか」
在宅に関して前向きな論文はいくらでもありますが、確かにこのような実態を踏まえた論文の記憶はありません。
その鋭い感性に、僕が指導医だったらこの質問だけで合格です。
by kura0412 | 2017-09-08 14:20 | コラム | Comments(0)

社会保障制度改革のスケジュールを改めてみて

資料の整理をしながら、改めて2014年から2019年度の社会保障制度改革のスケジュールをみると、W改定は医療機能の分化・連携と地域包括ケアシステムの構築の実現のための一つの目安として位置付けて、そこに向けて各施策を一体感ともって進めるとありました。
結局そこでの目標が、医科ではかかりつけ医であり、調剤の場合は健康づくり支援薬局の普及、確立でした。
では、歯科はどんな姿を求めていたのか?
結局のところ2025年に向けた将来像を導き出すことなく、施策を積み重ねもないまま、改定時の点数のみに注視するという従来型の考えから脱皮していなかったのではないか。そんな思いがしました。


by kura0412 | 2017-04-18 17:26 | コラム | Comments(0)

国試の摂食嚥下の問題を見て

今年の国家試験もかなり厳しい合格率でした。それに加えて、合格率を上げる為に卒業試験のハードルを高くした大学もあったようです。こうなると受験生本人は当然ながら、家族にもプレッシャーがかかります。
そんな国家試験問題の一部、摂食嚥下関連を見せてもらいました。
かなりの問題数と内容です。先生方、特に年配の先生方は一度目を通すと良いと思います。最近、この領域を勉強していたつもりでも難しく、中々解けません。
問題は摂食嚥下分野を加えることが、新たな歯科領域拡大との視点ならば良いのですが、これが単に合格率を下げる目的だとするならば課題が残ります。
今の学生、卒業生は大変です。







by kura0412 | 2017-03-31 17:14 | コラム | Comments(0)

若者の情報源は

ある大学生に言われました。「年配の方は新聞、テレビ得ていますが、若者はネットでリアルタイムでSNSで意見を交わしながら情報を得ています。」
確かに、昨今の従来のメディアは、偏見報道に加えて、報道しないという「報道の自由」を繰り出し、その信ぴょう性が非常に疑わしい状況になっています。
ある意味、年代層別の意見の相違は、こんな所から生まれているのかもしれません。


by kura0412 | 2017-03-28 14:59 | コラム | Comments(0)

「オーラルフレイル」日歯の重点課題終了

日歯広報に重点28課題の中間報告が載っており「オーラルフレイル」が終了となっていました。
間違いなのでは?
都道府県会長会議の質疑の中では「オーラルフレイルはエビデンスレベルが上がっておらず、課題がある。」との答弁がありました。
日歯の対応としては終了なのでしょうか??


by kura0412 | 2017-03-22 12:19 | コラム | Comments(0)

異例の連続だった日米首脳会談

5分、10分単位で日程を決める大統領が丸二日日程を費やし、食事を4度一緒に、大統領専用機にも一緒に乗り、そしてゴルフを27Hを共にする。それも大統領就任1ヵ月も経過していません。いろいろな思惑あってのことでしょうが、この事実だけでも凄くありませんが。特に北朝鮮ミサイル発射後の記者会見で「100%日本を支持する」あの一言は強烈でした。
この異例だらけの親密ぶりに心配することはあっても良いですが、賞賛あってもこれを批判するのはいかがなものでしょうか。しかし、一緒にプレーしたのがアニーエルスというのはスケールが違います。
by kura0412 | 2017-02-13 16:20 | コラム | Comments(0)

「キセキ」を観る

現在4人が現役の歯科医師でありながら音楽活動を続けるGreenをモデルにした映画「キセキ」を観てきました。
主人公は父が病院に勤務する医師であり、当初は医師を目指したのが歯科医師へ目標を変えたのが設定となっています。あれだけの大ヒット曲を連続に作りながら、何故、現役の歯科医師に拘った理由の一端が分かりました。(内容の設定が実際と同じならば)
正直、もう少し、歯科の特徴にもスポットライトが当たってくれば良かったのにと感じたのが正直なところですが面白かったです。是非、今後も両立して、良い曲を提供してもらいたいものです。
by kura0412 | 2017-02-06 11:47 | コラム | Comments(0)

歯科界も恵方巻ブームを見習い戦略を

昔は節分に恵方巻を食べる習慣はありませんでした。流行りだしたのはここ10年ぐらいでしょうか。そのルーツを探ると、諸説いろいろありますが、全国に広めたのはセブンイレブンだったようですが、正確には分かりません。
いずれにせよ、節分という歴史ある行事に、上手く組わせて一代行事に仕立てあげたことは間違いなく、見事な戦略であり、巧みな販売網を使っての成功例です。
そして、今の世の中は筋が良い、また、納得できるストーリーがあれば、一躍広がることを示した例です。しかも、戦略的に考えれるネタはいくらでもあるように感じているのですが。
by kura0412 | 2017-02-03 15:46 | コラム | Comments(0)

チャンスを逃すな

チャンスを逃すな

(ニッポン一億総活躍プランの中に)
「幸せになるためには食べてなんぼ」これは日本歯科医師会雑誌に掲載されていた、フレイルを推奨する辻哲夫東京大学特任教授(元厚労事務次官)の対談での一言です。行政の実務家の頂点の経験がある方のこの発言は、歯科界に属する一人として心強く感じると共に、これからの日本の社会全体の変革に新たな歯科医療の展開の必要性を示唆してくれました。そして世界会議2015でのプレゼンテーションを経て、日歯は「オーラルフレイルを予防して、健康寿命を目指しましょう!」との新たな国民運動展開を打ち出しました。
その後大きな動きもなく、私の頭の中から「フレイル」忘れかかろうとした時、政府の資料の中でこの「フレイル」が目に入りました。それは6月2日に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」です。GDP600億円、希望出生率1.8、介護離職ゼロという新たな三つの矢を目標としたこのプランは、単に現在の経済政策という位置づけだけでなく、加速化する少子高齢化の克服を目指す安倍政権の大きな中心的政策です。
その中には具体的な施策として、「高齢者のフレイル段階での進行防止(フレイル対策)のため、地域における介護予防の取り組みを推進するとともに、専門職による栄養、口腔、服薬などの支援を2016年度から実施する。」「後期高齢者医療における保健事業の在り方を検討し、事業の効果検証を行った上で、ガイドラインを作成し、2018年度からフレイル対策の全国展開を図る。」との記載があります。柏プロジェクトのように既に具体的な施策のモデル事業が始まっています。

(戦略的な施策)
フレイルを再び意識するようになった矢先、辻氏と一緒にこのフレイルの旗振り役であり、医師である飯島勝矢氏の講演を聞く機会がありました。
まず驚いたのが、このフレイルは非常に戦略的な施策であることでした。本来の「Frailty」の日本語訳「虚弱」では広まらないと考え、代わって日本老年医学会の認を得て「フレイル」というネーミングは生まれました。その厳密な定義は確立されてはいなくても、世界に先駆けて高齢化となる日本だからこそ可能とした、日本発の「フレイル」です。
また、フレイル予防の栄養(食・口腔機能)、身体活動(運動、社会活動など)、社会参加(就労、余暇活動、ボランティア)三つの柱に一つに歯科が係わることが明確に組み込まれていました。そして健常、プレフレイル、フレイル、要介護の四つのフェーズによるアプローチを栄養(食)から考えると、新たに取り組む歯科領域の各ターゲットが明らかになりました。これからの時代に即した歯科医療の再構築の展望です。こんな夢膨らむプランを歯科界外の方から示唆された経験はありません。

(各施策に横串を刺して一つとして)
その一方、現在の歯科診療には、従来のう蝕、歯周病の治療に加えて、口腔内全般の機能的回復を目指すことが加えられ、「口腔機能低下症」などの病名も考えらえるようになっています。また、医療介護の世界でも広まってきた口腔ケアは、歯科医療全体を口腔健康管理として位置づけ新たな定義と概念を定める動きも出てきました。そして摂食嚥下障害への対応は歯科領域を広げ、フレイルとの係りを更に強いものにする分野にしてくれます。
然るに、これを一つ一つの施策として考えるのではなく、横串を刺して総合的に進める。要は保健事業に留まらず、基金、診療報酬、介護保険なども含めた具体的な施策として、その世界の専門家集団である歯科界が提示できるかに、フレイル、オーラルフレイルの成功はかかっています。
冒頭の対談で辻氏は「歯の治療ということで止まらない幅の広い学問に歯科がまず動いてくださらないと我々は不幸だと思います。」と歯科界にアクションを求め背中を押しています。絶好のチャンスを逃してはなりません。



*デンタルタイムズ21・9月5日号に投稿したコラムです。
by kura0412 | 2016-09-17 12:19 | コラム | Comments(0)