都内初 対象も20歳以上 成人歯科検診 年2回に

東京都港区は新年度から、現在年一回の成人歯科健康検査を二回とする方針を決めた。二回とするのは都内の自治体では初めてで、対象年齢も五歳引き下げて二十歳以上に拡大する。新年度予算案に一億三千四百七十万円を計上した。
区によると、年二回の検査は前期(夏ごろ)と後期(冬ごろ)の二回。虫歯を含め歯周病のリスクを検査し、歯磨きの仕方や禁煙、規則正しい生活リズムなど、その人に応じた改善方法を助言する。前期の受診者には後期の健診案内が送られ、後期は改善具合をチェックする。前期に受け損なった人の検査も行う。指定された区内の歯科医師で無料受診できる。
受診者にもリスクの高さや改善具合が分かりやすいように、結果を数値化する。そのデータを区と歯科医師が共有するため、前期と後期で受診する歯科医師を代えても比較が可能になる。
歯の健康は体の健康ともかかわりが深いが、内臓など体の健康管理と比べ関心が低く、高校卒業後は定期的に検査を受ける人は少ないのが実情。区の担当者は「検査を通じ、若いうちから歯を守る意識を身につけてほしい」と言っている。

【東京新聞:2008年2月18日】


関係者の先生方のご尽力で実施になったものと推測します。この流れが全国に波及すること期待します。
しかしその一方、この実施には財源が伴い、地域の財政の良否で医療も地域間格差が進む懸念もあります。
by kura0412 | 2008-02-19 10:28 | 歯科 | Comments(1)

自民党では社会保障のあり方、公務員改革などの考え方に対して意見の対立。一方、民主党では日銀総裁人事に対しての意見の不協和音など、最近の話題でもそれぞれの党内でも施策によって考え方が異なっています。

55年体制の時のように、民主主義か社会主義かという明確な選択肢でなく、政策の違いによっての論争が主体の現在では、選ぶ側、選挙民のとっては何の違いによって選択するかが非常に不明瞭になっています。
このことを突き詰めれば、その選挙の時のテーマが何になるか?それによて結果も大きく変化し、そして、それを加速するのがいわゆる無党派層の存在です。

やはり政界は政党を解体して、明確な政策の違いによって区分けする政界再編の必要を感じます。その対立軸には、これからの社会保障のあり方も大きなテーマになることは間違いありません。
by kura0412 | 2008-02-19 09:09 | 歯科 | Comments(0)