後発品促進は改定の財源ではあらず

報道によると、野党から指摘されていた「長期収載品の引き下げ」は、薬の後発品の使用促進と同様に、診療報酬の財源とはなっていないとの厚労省の見解がありました。

ということは、後発品などの使用促進で捻出した財源ならば医療に回すことが出来たはずで、まだ財源があったということです。私もこの報道があるまでは、後発品も財源の中に組み入れられていると思っていました。
by kura0412 | 2010-02-02 17:33 | 政治 | Comments(0)