対立軸あってこそ政権交代

理想と現実に悩む民主党に、野党の辛さを日々深めている自民党です。そして、国会運営では、強行採決と審議拒否の双方が与党、野党だった時と同じこと繰り返しています。
民主党は野党時代での発言、行動は何だったのか?自民党は健全野党とはどんな行動するのを分かっているのか?
特に情けないのが自民党です。
鳩山首相が献金問題、普天間基地、経済対策でアップアップしているのに、それを突く術がありません。また、自由に発言出来る場があり、政策に対して経験豊なはずなのに、そのメリットが全然生かされていません。予算案の対案作成するぐらいの気概を何故もてないのでしょうか?

対決軸あってこそ政権交代が生きてきます。もっと迫力を持たなければ、何となくのイメージですが、第三極が出現がしてその勢力がイニシアチブを取るかもしれません。
by kura0412 | 2009-12-01 13:03 | 政治 | Comments(0)