どこがコンクリートから人へ?

全体のプラス改定目指す 診療報酬で長妻氏

長妻昭厚生労働相は17日午前の参院厚生労働委員会で、来年度の診療報酬改定について「ネット(総額)の伸びはやはりプラスにしていきたいと考えている」と述べ、全体でのプラス改定を目指す考えを示した。
合わせて、プラス幅によっては患者負担の増加が生じると指摘。「ジェネリック(後発医薬品)の使用促進など、医療の水準に支障がない範囲で薬価を下げ、地域医療再生の報酬を埋め合わせていく発想でプラスを目指したい」と述べた。

共産党の小池晃氏への答弁。

【共同通信】



財源がないから薬価差額、この発想は自民党政権時代と同じでは?
医療費全体のボリュームを膨らませ、総医療費の対GDP比をOECD平均並に上げるのが目標だったはずでは?
by kura0412 | 2009-11-18 09:54 | 政治 | Comments(0)