たぼこ税増税は税収増だけではありません

どうなるたばこ税…国民・産業界の影響は?

6日の政府税制調査会でたばこ税の議論がスタートし、地球温暖化対策税(環境税)とともに2010年度税制改正の焦点となっている。税収不足を穴埋めしたい政府の意向がちらつく一方で、国民や産業界には負担増への反発が強まる。議論の行方は年末までもつれそうだ。

◆たばこ税◆
たばこ増税の動きに愛煙家からは不満の声が相次ぐ。JR新橋駅前で一服中の男性会社役員(70)が「取りやすいところから取る一番安易な方法だ」と憤れば、男性会社員(52)は「大幅値上げならすっぱりやめられるかも」と自嘲(じちょう)気味だ。

長浜博行厚生労働副大臣は6日の税調で「健康の問題からぜひ検討していただきたい」と述べ、喫煙率低下を目指して大幅なたばこ増税が必要だと強調した。
長妻厚労相は「ヨーロッパ並みの金額にする必要がある」と20本入り1箱300円前後から2倍の600円程度まで引き上げる考えを示す。しかし、大幅増税が現在2兆円強のたばこ税収を大幅に押し上げるかどうかは微妙だ。たばこ離れに拍車がかかる可能性があるためだ。
需要減を警戒する全国たばこ耕作組合中央会は「海外は10年程度かけて税率を上げてきた。一度に価格を倍にするのはむちゃな話」と反発する。
たばこ事業法は「たばこ産業の発展と税収確保」を目的としており、健康増進を目的とする大幅増税に踏み切る場合は法改正が必要との指摘もある。政府内では早くも「増税しても、せいぜい1箱数十円程度」(財務省幹部)との見方が出ている。

【読売新聞】



自民党政権から続く、このたばこ税増税の議論ですが、反対する側の基本的なスタンスが間違っています。
それはたばこは健康に害である。この認識の欠如です。
増税することに対して税収増に視点が注がれますが、それよりも増税することによって喫煙者減少ももう一つの目的です。
無論、葉タバコ栽培農家の問題もあります。その対策は別の施策での対応に委ねて考えなければなりません。
別の報道では。葉タバコ農家などが「大幅増税で粗悪品が出回れば、喫煙者の健康が損なわれる。」との主張もあるようです。
これも間違えで、喫煙者そのものが既に健康が損なわれていることを、国民全体が認識をしなければなりません。
Commented by たばこを禁止せよ at 2009-11-08 09:50 x
喫煙が体や社会に悪いと言うなら、税収は無くなるが、たばこの販売及び喫煙を大麻や覚せい剤などと同じく法令で禁止すべきである。
喫煙の健康被害などが明らかとなった現在においては、課税の対象から禁止の対象に変えるべきである。
健康保険料などの負担が減る。吸殻のポイ捨てによる道路などの不快な汚れもなくなる。
たばこ税を上げても効果は限られるが、たばこ税を上げるのなら、税額は欧州より高い1箱千円が妥当。
国が半数を保有するJT株式を売却して埋蔵金を確保しつつJTを完全民営化すべき 。
日本共産党の市田忠義は、喫煙権もある、と言ったとか。そのうち、大麻権や覚せい剤権があると言い出すのだろうか。
by kura0412 | 2009-11-07 11:23 | 政治 | Comments(1)