介護事業を、雇用、景気浮揚対策の一つとして

雇用で緊急対策本部 雇調金の要件緩和を検討、本部長に菅氏

鳩山由紀夫首相は5日、緊急雇用対策について「雇用環境が改善したとは思っていない。いずれかの時点で対策本部的なものを立ち上げる必要がある」と述べ、緊急雇用対策本部を設置する考えを表明した。首相官邸で記者団に語った。政府は同日、今年度内にも実施する短期的対策として職業訓練の充実や雇用調整助成金の要件緩和などの検討に着手した。中長期の政策では、介護労働者の月給の4万円引き上げも視野に入れる。
失業率が5.5%と高止まりしていることから、雇用情勢の悪化に早急に対応する狙いだ。首相は対策本部長に菅直人副総理・国家戦略担当相を充てる意向も示した。

【NIIKET NET】




鳩山政権では介護事業を、雇用、景気浮揚対策の一つとして考えています。
by kura0412 | 2009-10-06 15:54 | 政治 | Comments(0)