政権交代実現⑨(政策の基本は普遍ですが)

マニフェストに不慣れとはいえ、政権交代が実現したと同時に、民主党が掲げた政策が、明日にも全部取り組んで一気に進めるような誤解があります。しかし、民主党のマニフェストには工程表もあって、掲げた政策を全て検討することはあっても、全部一度に進めるようなことはないはずです。

恐らく、1番最初に手をつけるのは、麻生政権で作られた補正予算の執行を止めて、鳩山政権が進める政策に財源を移行することを考えています。まずは子供手当ての支給でしょうか。
そして、順次政策を進める中で、途中で止めた方が良いのか、減額すれば良いのかなど、その情勢によって柔軟に対応するものと思います。それがなければ政治はいりません。

ただ、掲げたマニフェストに挙がっている政策の基本は普遍であり、その政策を進める基軸としてあるのが、官僚制度の打破、無駄の排除です。
選挙も終わりましたので、このような考え方で改めて民主党のマニフェストを読むと、紆余曲折は当然あるにせよ、その目指す政策の方向性が浮かんできます。

(続く)
by kura0412 | 2009-09-09 16:37 | 政治 | Comments(0)