麻生首相は解散権行使を封じ込められたか?

昨日の静岡知事選挙の結果で、どうも麻生首相は解散権行使を封じ込められそうな雰囲気が漂ってきました。

この状況で、念願のサミット出席から帰ってきての麻生首相の残された選択肢は、
一つは、総裁選の前倒しを断行して、再び選出されて党内の結束を固める。但し、常識的には新たな党の顔が選ばれる可能性が大です。
そしてもう一つが、任期一杯まで務め総選挙を最長10月まで引き伸ばし、突発的な外交での事件、民主党のミスを伺う。
この二つです。

ただ、都議選挙の結果によっては、まだ解散権を行使できる可能性は残されています。しかしながら現状では、その都議選も非常に厳しい予想が今朝からマスコミを賑わせています。
by kura0412 | 2009-07-06 16:59 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30