何かを変えようという意識

異例ずくめ・直前まで厳秘…厚労省の舛添人事

舛添厚生労働相が26日に発表した厚労省幹部人事は、従来、医師免許を持つ医系技官が占めていたポストに事務官を初めて起用する異例ずくめの人事異動となった。「厚労省改革」を旗印とする舛添氏が首相官邸に根回しもせず秘密裏に進めたことで、与党内からは「舛添さんのスタンドプレーではないか」と懸念する声も聞かれる。
「厚労省はしっかり情報管理させても官邸から情報が流れる。これだけ大事な人事は大臣の口から言う必要がある」
舛添氏は人事案を発表した26日の閣議後の記者会見でこう強調した。

次官や局長などの省庁幹部人事は通常、官房長官と官房副長官が開く「閣議人事検討会議」を経て発表される。しかし、舛添氏が今回の人事案を官邸に報告したのは同日朝の発表直前。麻生首相と河村官房長官を閣議室でつかまえて、その場で了解を取り付けるというものだった。江利川毅次官ら同省幹部も舛添氏から人事案を発表する考えを聞いたのは前日で、異動該当者本人への連絡は当日の朝という慌ただしさだ。
医系技官の最高ポスト、医政局長に、事務官である阿曽沼慎司社会・援護局長を据える一方、次官候補の指定席である保険局長に医系技官の外口崇医政局長を抜てきした。

今回の人事の狙いについて舛添氏は、「厚労省の歴史始まって以来、聖域を打ち破る」と説明するが、突然の人事発表は、同省内や自民党厚生労働族の抵抗を避ける狙いがあると見られる。
ただ、年末に本格化する来年度の診療報酬改定の議論で厚労省は、政府・与党や日本医師会など関係者の調整を行わなければならず、与党内からは、今回の異例の人事が悪影響を与えるのではないかという不安が漏れている。

【2009年6月26日:読売新聞】



厚労省分割の話がある中で、舛添大臣が自らの判断で従来の慣例を打破したような人事です。
この人事の本来の意味の真意までは分かりません。しかし、大臣が可能な部分から何かを変えようという意思は伝わります。
by kura0412 | 2009-06-27 09:40 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30