「小異を捨てて大同につく」

「小異を捨てて大同につく」

どれが小異で、何が大同なのかその定義づけは難しいですが、それを実践することは難しいようです。
by kura0412 | 2009-06-25 12:11 | 歯科 | Comments(0)