言葉は心を映し出す

昨日の足利事件での栃木県警本部長の謝罪は、菅家さん自身も認めているように心からの謝罪でした。
記者会見での菅家さんの誤認逮捕の怒りに対して、どんな謝罪をするのかと思っていましたが、県警本部長の実直な謝罪には驚きました。そして、その気持ちは菅家さんにも伝わったようです。

一方、2回目となった麻生首相と鳩山代表との2回目の党首討論では、逆の形で、麻生首相の心の中が映し出されたような気がします。
再び低下した支持率に対して失地挽回を狙い、強気な対応に終始しました。しかし、これは逆効果だったようです。麻生首相の現在の心にある焦りが、最後の防衛問題に対しての質問で、尻切れトンボのような形になりました。
言葉は気持ちを映し出すことを改めて感じました。
by kura0412 | 2009-06-18 10:47 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30