「天の時」を察知する能力と勘

「郵政民営選挙」と銘を打ち、無謀とも思われた解散を断行して記録的な大勝となった小泉首相とは違って、麻生首相は、伝家の宝刀をいつ抜くか、抜くかと周囲をやきもきさせながら、結局は、そのタイミングを逸してしまった感じです。
今朝の各新聞での世論調査が示すとおり、回復傾向のあった支持率が再び反転して下降してきました。
あとは、残す限られた選択肢の中からどれを選ぶか?

政局の次のポイントは静岡知事選挙。
これも負けるとなると、なだれ現象の雰囲気が出てきました。

「天地人」
トップたる者、その天の時を察知する能力、勘も必要です。
by kura0412 | 2009-06-16 11:35 | 政治 | Comments(0)