何故、分割の議論の中に

厚労省分割、週内に素案…官僚の抵抗で曲折も
 
麻生首相が意欲を示している厚生労働省の分割に向けた政府内の調整が25日、スタートした。
河村官房長官、与謝野財務・金融・経済財政相、甘利行政改革相は同日、首相官邸で協議し、週内に厚労省分割の素案をまとめる考えで一致した。6月にまとめる「経済財政改革の基本方針(骨太の方針)2009」に具体案を盛り込む方針も確認した。
甘利行革相は協議終了後、記者団に、「政策的な整合性と、閣僚が責任を負えるキャパシティーの観点から(厚労省のあり方を)見直すということだ」と述べた。
26日には、河村氏ら3閣僚に舛添厚生労働相、小渕少子化相、塩谷文部科学相が加わって協議する。
首相は、厚労省所管の医療・介護・年金などを「社会保障省」に、雇用、保育行政や内閣府所管の少子化対策などを「国民生活省」に再編する案を示している。文部科学省所管の幼稚園と、厚労省の保育所を統合する「幼保一元化」についても検討を指示している。河村長官ら関係閣僚は「首相の方針に沿って素案をまとめる」(政府筋)予定だ。
ただ、分割論議は各省庁の利害に複雑に絡んでいるため、官僚の抵抗で一筋縄ではいかない可能性もある。

【2009年5月26日02時06分 読売新聞】




何故か当事者である厚労大臣がこの議論に参加していません。
行政改革相の仕事であるからなのか、厚労省が分割に抵抗するからなのか、その理由は分かりません。
しかし、自らが改革出来ないというは、色々な問題を含んでいます。
Commented by 累卵 at 2009-05-26 19:48 x
日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞の3紙インターネット分野での共同事業である「あらたにす」投稿欄に掲載されています。
歯学部教育もデンタルスクール構想を取り入れ、再構築するべきでは・・・・・

【厚労省直轄のメディカルスクール創設を】累卵・沖縄県
 厚労省分割の素案が、今週中に取りまとめられるそうです。医療・年金・介護などを所管する「社会保障省」と、雇用・保育行政や少子化対策、男女共同参画などの一部を所管する「国民生活省」に再編するという案には賛成です。
 ただ、これまでわが国の社会保障制度は、選挙対策もあるのでしょうが、医療・年金・介護など高齢者を中心に行われてきました。しかし、今後は将来を見据えた国策として、少子化対策に重点を移す必要があると思います。先日の経済財政諮問会議では、厚労省と文部科学省で所管が分かれている幼稚園と保育所を一体にする幼保一元化も検討されたそうですが、もっと積極的な少子化対策を期待します。
 
Commented by 累卵 at 2009-05-26 19:48 x
さらに、医師不足・医療不信解消のため文科省管轄の医学部以外に厚労省管轄のメディカルスクールを創設し、卒後の医師の能力を比較することで、互いに切磋琢磨してより良い医学教育制度を構築して欲しいと思います。     2009年5月25日
by kura0412 | 2009-05-26 15:45 | 政治 | Comments(2)