先進医療にも民間保険で備え!だそうです?

昨日の日経に「先進医療に民間保険で備え」という全面使った特集記事がありました。そして、その中に、高額な先進医療の例の中にインプラント義歯もありました。

先生方ご承知の通り、ここにあるインプラント義歯は、主に大学病院などで先進医療として認可されてケースであって、一般に自由診療で行っているインプラントとは異なります。

この記事でいくつか感じました。

まず、先進医療の保障を理由に、公的保険に加えて、このような保障が果たして必要なのかどうかという疑問。
無論、インプラントに関しては、自由診療でのインプラントとの患者の誤解から、現場でのトラブルが予想されます。

そして、民間保険の充実の確かに必要なケースもあってこのような保険の紹介もあるでしょうが、今、最も必要な議論は、セーフティーネットとしての公的保険を、財源論をも含めて如何に堅持して充実させるかであり、その焦点を当てる順序が違います。

意図的に書いていることも予想できますが、書いている記者も訳解んなくなっているかもしれません。
by kura0412 | 2009-01-26 15:12 | 歯科 | Comments(0)