タバコ税増税の代替財源は

来年度予算案で2200億円削減に変わる有力な財源と目されていたタタバコ税増税が、自民党税調で盛り込まれませんでした。
その為に、その財源をどこに求めるかで、20日内示される来年度予算案の財務省内示まで色々な動きがありそうです。

そして、その動き、結果が、政局に大きな影響を及ぼす可能性もあるかもしれません。
医療側がタバコ税増税を求めるのは、単に社会保障費財源の為ではなく、健康の為その消費を減らすことも目的としていることが、いつのもにかその意見がかき消されてしみました。
Commented by 累卵 at 2008-12-15 13:27 x
平成17年12月内閣府「構造改革評価報告書5 医療制度改革」には、
「同種の病気や治療行為であっても、地域によって投薬の量や検査回数などに違いがあり、この格差を半分に縮小することにより総医療費は14.9%(3兆6000億円)減少する。」とあります。削減できた財源を不足している医療分野に有効に活用して、国民の不安や不満を解消しては如何でしょう。
 地域格差の一因は、診療報酬の審査・支払が都道府県単位で行われていることにあると思います。医療保険のルールは全国統一されておりますが、ルールの解釈や運用が都道府県で必ずしも統一されておらず、いわゆる「地方ルール」があり、正しく審査業務が行われている県とそうではない都道府県があり、それが地域格差となっています。
地域格差解消には、診療報酬支払の審査方法を変える必要があります。
by kura0412 | 2008-12-15 13:18 | 歯科 | Comments(1)