政策を軸にした政界再編か

内閣支持率31%に急落 日経世論調査

日本経済新聞社とテレビ東京が11月28―30日に共同で実施した世論調査で、麻生内閣の支持率は31%となり、10月末の前回調査に比べて17ポイント低下した。不支持率は19ポイント上昇し62%となり、初めて支持と不支持が逆転した。追加経済対策の裏付けとなる2008年度第2次補正予算案の提出先送りについては「支持しない」が56%で「支持する」の28%を引き離した。

政党支持率は自民党が前回から2ポイント低下し39%、民主が1ポイント低下し30%となり両党ともほぼ横ばいだった。自民支持率は6月以来、民主を上回っている。

【日経新聞:12月1日】



自民党の支持率は横ばいでありながら、解散先送り、第2次補正予算の年明け提出、定額給付金の支給への支持率が52、56、66ポイントとなっています。
つまりこの結果は、麻生内閣への政策に対しての国民の不満を表わしています。

これからの政局は政策を軸に動き、そしてその先には政界再編が待ち受けているのかもしれません。
by kura0412 | 2008-12-01 09:25 | 政治 | Comments(0)