「国が潰れるというのは国民の命を守れなかった時」

デンタルタイムズ21の11月15日号に載っていた、鹿児島県歯創立100周年式典での尾辻参議院会長(元厚労相)の「国家財政と医療~経済財政諮問会議は百害あるのみ~」と題した記念講演は、経済諮問会議の問題点を歯に衣漬けない面白い内容でした。

諮問会議に疑問を感じていた問題に対しての、その実際の場にいた尾辻議員の話だけに真実迫るものがあります。
そして、その中でも印象的なのがこれでした。

「諮問会議は国が潰れると言うが、国が潰れるというのは国民の命を守れなくなった時であり、お金がなくなっても国は潰れない。」
by kura0412 | 2008-11-18 12:25 | 歯科 | Comments(0)