こらからの歯科界の最大の課題

今朝の各新聞では、「社会保障抑制路線を転換」と、社会保障国民会議の最終報告を評しています。
しかしながら、一方では、麻生首相は記者団に2200億円抑制目標については、当面堅持する方針を示したと報道されています。
ということは、来年度の予算編成過程で必要な社会保障費を確保することを最終決断するのだと思います。

したがって、歯科はこの必要な社会保障費の中にどう組み込まれるのか、組み込ませるのかが、これからの新たな歯科界の最大の課題となります。
by kura0412 | 2008-11-05 16:48 | 歯科 | Comments(0)