「新健康フロンティア戦略」に歯科の項目も入る

健康増進、「メタボ対策」など重点・政府が戦略策定
 政府は18日、国民が健康に過ごせる期間を延ばすための具体策を盛り込んだ「新健康フロンティア戦略」をまとめた。「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)克服」「こころの健康」など9分野にわたり個人の健康増進策を提示。今後10年を戦略の実施期間とし、女性の乳がん検診率向上などの数値で成果を示す。男女ともに日ごろの生活習慣を改善するよう促す構えだ。

 同戦略は自民党の社労族とされる安倍晋三首相が策定を指示。昨秋から新健康フロンティア戦略賢人会議(座長・黒川清内閣特別顧問)で検討してきた。首相は同日の会合で「国民の健康づくりを政府全体で力強く展開する」とし、「骨太方針2007」にも反映する意向を示した。
(中略)
戦略では政府の取り組みを促すため、数値で進ちょくを表わす方向も明記。乳がんやうつの「受診率」や「11歳での肥満傾向児の出現率」「80歳で20本以上の歯を持つ人の割合」といった指標を設け、年度ごとに率がどう変わったかを示すという。            【日経新聞】


政府の健康対策の中にようやく歯科も組み込まれました。暗い歯科界の中では朗報です。
これをきっかけに生涯に渡っての口腔管理への道を拓く突破口にしたいものです。
Commented by 累卵 at 2007-04-19 16:42 x
平成19年12月の第1回新健康フロンティア戦略賢人会議・働き盛りと高齢者の健康安心分科会での花田信弘委員の次の発言が効きましたね。 
「健康づくりの施策では、疾病要因と健康要因は分けて考える必要があると思う。健康日本21では、9つの重点項目があり、6番目に歯の健康を入れている。健康要因と疾病要因の両方を兼ね備えているのが歯の健康だということである。
 今、厚生科学研究費でいろんな研究をしているが、栄養、運動、休養の3本柱に歯の健康が実際に関わっている。例えば栄養学の方では、余り歯のことは考えたことがないと思うが、実際に歯が悪いと栄養のバランスが極めて悪いということが言われている。
 疾病要因の3つ、糖尿病、循環器病、がんについても、それぞれ歯の健康が関わっている。」

また、本年2月の同分科会での花田信弘委員提出資料も公的に認められた結果となりました。
 さて、日歯の戦略は如何に!
Commented by 累卵 at 2007-04-19 16:49 x
こちらも歯科界には大きなニュースです。
「新潟大医歯学総合病院生命科学医療センターは、患者自身の細胞を培養して、歯周病や口腔がんなどで低下した体の機能を回復させる最先端の再生医療を本年5月中から本格的に始め、専門の培養施設がこのほど、完成した。
歯周病の場合、健康な歯の歯茎部分から骨膜を採取し培養、患部に移植し歯茎を再生させる。口腔がんや舌がんなどでは、口腔粘膜を培養してがんを切除した部分に移植する。」
 鞍立先生、予防と再生が21世紀の歯科医療が目指す道ではないでしょうか。詳細がお分かりでしたら宜しくお願いいたします。
Commented by 累卵 at 2007-04-20 12:18 x
訂正
平成18年12月です。
働き盛りと高齢者の健康安心分科会(第3分科会)
 第1回会合 平成18年12月19日 議事次第 議事要旨

 本会議第3回会合 平成19年4月18日 議事次第
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kenkou/kaisai.html



by kura0412 | 2007-04-19 14:49 | 歯科 | Comments(3)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言