『いつ裁判が始まるかは不透明な状況』

政治資金規正法違反、公判前整理手続の最中でいつ裁判が始まるかは不透明な状況―日本歯科医師連盟

日本歯科医師連盟の第129回評議員会が6月24日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で開催された。議事は平成27年度一般会計収支決算など全5議案が協議され、会計の透明化を主旨に、政治活動資金等を中心とする収支の動きが明瞭に示され、すべて可決承認された。
報告の中では政治資金規制法違反に伴う裁判に関する見通しについて、熊田彰英顧問弁護士が、「これまでに3回にわたり公判前整理手続が行われ、検察官と各弁護人からの主張、立証方針が概ね示されている。まだ数回整理手続が行われるものと思われ、いつ裁判が始まるかについては不透明な状況である」とした。

【ikeipress】
by kura0412 | 2016-07-01 09:00 | 歯科 | Comments(0)