『ファーストクラスに歯槽膿漏の人はいない』

「ファーストクラスに歯槽膿漏の人はいない」は本当か?
究極のビジネスパーソンが実践するルーティン

ファーストクラスの乗客と聞いて思い浮かぶのは、「ビジネスの成功者」「超エリート」「一流」といったキーワードでしょうか。ファーストクラスは、座席数でいえば機内全体の3%程度。この特別なシートに座る乗客は、マナーや立ち居振る舞い、服装から会話まで、どれをとっても申し分のない方たちだそうですが、実は、目には見えないこんな部分でも共通項があることがわかりました。
それは、人とのコミュニケーションを取るうえでの大切なエチケットである「口臭」「体臭」といった、臭いの問題です。元日本航空キャビンアテンダントでマナーコンサルタントである毛利仁美さんの『ファーストクラスに乗る人が大切にする51の習慣』(プレジデント社)に、こんなエピソードがあります。

「ファーストクラスに歯槽膿漏の人はいない」
ファーストクラスに乗る人は、年齢にかかわらず姿勢がいいと、これはファーストクラスを担当するCAなら誰もが感じていることでしょう。どの人も背筋がピンと伸びていて、歩く時にも歩幅が広く、はつらつと、そして堂々としています。
このことについては、常に他人から見られているのだという自覚、自信の表れなど、さまざまな分析をすることができますが、私には常に自分を律しているように感じられます。(中略)
ファーストクラスに乗る人は、座っている時にも姿勢の良さを保っています。シートに浅く腰かけて足を投げ出している人などいません。ビジネスクラスでは「隣の人が貧乏ゆすりをしている」というクレームを受けることがありますが、ファーストクラスでは皆無です。
貧乏ゆすりに限らず、周囲の人に迷惑をかけるのはマナー違反ですが、意外と多いのが歯槽膿漏。機内では、それこそ他の方の迷惑にならないよう声のトーンを落として話すため、CAはお客様に近づき、耳をそばだてる必要があります。その時に相手の方が歯槽膿漏だったら……。

ところがファーストクラスでは、お客様の口臭に悩むことはありませんでした。歯の汚れた人もいませんでした。国際的に活躍するビジネスパーソンにとって清潔な口元を保つことは必須条件だといえそうです。
臭いといえば、ファーストクラスのお客様から加齢臭を感じたこともありません。だからといって、日本人のお客様は強い香水をつけているわけでもないのです。つけていたとしてもほんの少し、ほのかに香る程度に、を心がけている人が多いように思います。

仕事のできる人はセルフプロデュース力に長けているのですね。
※『ファーストクラスに乗る人が大切にする51の習慣』より引用。

大切なのは「自分は大丈夫か」という意識を持つこと
口臭も加齢臭も、自分では気づきにくいものといわれますから、これはドキッとさせられる指摘です。かといって、常に口を手で覆って話すというのでは解決策にはなりませんし、却って自信なさげに見えてしまい、さらにマイナスポイントとなってしまう可能性大。

大切なのは「自分は大丈夫だろうか」という意識を常に持つことです。
歯槽膿漏など、お口の問題が気になっている方はこの機会に治療を始めてはいかがでしょう。携帯用の口中洗浄液などを普段から鞄に入れておくのも方法です。
また、加齢臭などには、毛利さんも書いているように、ちょっとしたフレグランスをつけてみるのもいいかもしれませんね。日本の男性は、年齢が上がるほど香水をつける習慣が少ないと思いますが、自分の好きな香りに包まれることは、集中力を高めたり、精神を安定させることにもつながります。気分を変えるのにも一役買いますから、ぜひ、一度トライしてみてください。
セルフプロデュースができることは、自信と余裕の表れでもあります。それが自然とにじみ出て、周囲を惹きつける大きな魅力につながっていくのです。
毛利さんの本の大きなテーマは「一流といわれる人は、いかにして成功することができたのか?」。ビジネスクラスに歯槽膿漏の人はいても、ファーストクラスには皆無である、という指摘も、なかなか示唆的です。
臭いの問題を解決することも、できる男になるための必要条件のひとつなんですね。

【PRESIDENT ONLINE】




啓蒙の使えるフレーズです。
by kura0412 | 2016-05-12 08:05 | 歯科 | Comments(0)