『かかりつけ薬剤師で薬剤師の選別始まる』

かかりつけ薬剤師で「薬剤師の選別始まる」- 保険薬局協・中村会長

2016年度の診療報酬改定が官報告示されたことを受け、日本保険薬局協会の中村勝会長(クオール社長)は4日に東京都内で記者会見を開いた。
中村会長は、改定で導入される「かかりつけ薬剤師」に触れ、今後の薬局経営について「調剤報酬の削減以上に薬局の淘汰や薬剤師の選別が始まることが予想され、非常に危機感を感じている。薬剤師は、質の向上と共に接遇を含めた人間的な魅力も高めなければならない」と述べた。

中村会長は、診療報酬の中に「かかりつけ薬剤師」が位置付けられたことについて、「画期的なことだと思う」と評価するとともに、「対物」から「対人」への方向性が打ち出されたことに対しては、「率先して取り組まなければならない」と語った。
また、4月から処方せんの電子化の運用が始まることに関して、「電子化されると、患者さんの動線は門前薬局から、自らが指定する薬局に変わるだろう。その時までに『かかりつけ薬剤師・薬局』として選ばれていなければ、立地から人への流れにあらがうことはできない」とし、ICT化に急ピッチで取り組む必要性を示した。

「頭から門前排除とはなっていない」
16年度の診療報酬改定では、大型の門前薬局の報酬が大幅に引き下げとなる。これについて中村会長は、「かかりつけ薬局をきちんと育てていけば、別に大きなものでもやっていこうというものは含まれたと理解している。頭から門前排除とはなっていない」と述べた。
また南野利久副会長(メディカル一光社長)は、「われわれが医薬分業を引っ張ったと自負している。立地だけで来ていただいているとは思っていない」と述べ、薬局側の経営努力を強調。その上で、「門前薬局が駄目だと言われないような努力をしなければならない」とし、今後の薬局経営に関しては、「優勝劣敗構造みたいなものが進んでいくのではないか」との見方を示した。

【キャリアブレイン】



同じ「かかりつけ」が付いても、歯科医と薬剤師とでは状況が随分違うようです。
by kura0412 | 2016-03-05 09:38 | 医療政策全般 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30