W選挙か否か

なぜ今、同日選なのか 5つの理由・6つの反論

「ダブルはありますかね?」。国会がはじまって、寄るとさわると衆参同日選の話だ。参院選にあわせ安倍晋三首相が衆院解散に打って出るのかどうか――。
首相がどんなに否定しても、自民党の二階俊博総務会長が「同日選をしたいと思っているのは間違いない」と述べるなど、疑心暗鬼は募るばかり。思惑と臆測が千里を走る政治の世界。何とも気ぜわしい。

同日選がくすぶる理由をあげていくと片手はある。
第1は、2017年4月からの10%への消費再増税とのからみだ。
増税のあとの選挙は政権党にとって得ではない。おちつくまで静観するとなれば17年中の解散は避けるのが常道だ。衆院議員の任期は18年12月まで。残る解散のタイミングは18年と16年。18年は残り任期が1年内で首相の解散権の行使にはほど遠い。同9月には首相の総裁任期も切れる。
ならば16年。首相周辺が「参院選のあとの衆院選で勝ったためしはない」と漏らすように、1983年、同日選が取りざたされながら参院選の半年後にずらした衆院選で敗北した。となると同日選か。

第2は、内閣支持率の回復だ。
安全保障関連法で10ポイント下落したのが、昨年11月には法案採決前の6月の水準にもどった。
政治の動向をみるうえでいちばん分かりやすい指標である内閣支持率と自民党支持率の和である「政権安定度指数」。日本経済新聞社の世論調査によると1月は86で昨年6月の85とほぼ同じ。100を超えれば大勝が経験則。もう一息で手の届くところまで来ている。
5月下旬には伊勢志摩サミットがある。主要7カ国(G7)の議長役となる首相。文字通りの晴れ舞台だ。支持率は間違いなく上がる。79年の大平正芳、86年の中曽根康弘、93年の宮沢喜一、00年の森喜朗の各首相。なぜかサミットの前後に解散に踏み切っている。

第3は、消費増税にあたっての軽減税率の実施と公明党との関係だ。
自民党内の慎重論を首相官邸が押しきるかたちで、公明党の言い分をのみ、1兆円規模の軽減税率を決めた。同日選に反対している同党が最後はおりるとみるのは、政治の貸し借りからだ。

第4は、野党の動向である。
衆院で民主・維新の統一会派はできたものの、民主党の支持率はいっこうに上向く気配をみせない。参院選に向けた野党統一候補も、同日選にして衆院選をぶつければ、野党戦線を分断できる。

第5は、おおさか維新の会と憲法改正への読みである。
首相や菅義偉官房長官が援軍と期待するおおさか維新だが、政界から引いた橋下徹氏について「参院選には出ない。衆院選は分からない」と首相側近はみる。同日選なら出馬の可能性ありというわけだ。
それは改憲シナリオと関係する。参院で、改憲を発議できる3分の2である162議席を確保するには今回、与党・改憲勢力で15議席程度は増やさなければならない。自民党の改選は50議席で3年前に65議席を得ているにせよ、おおさか維新の躍進に期待がかかる。

要はここが好機との判断だが、一気に同日選になだれ込むかとなると、否定論も同じくらいある。
まず日程がらみ。
消費再増税で17年中の解散は無理との見方について、政府高官は次のように打ち消す。
「軽減税率に加え、再増税で消費の落ち込みや反発がないように思い切った対応をとればいい。5%から8%への引き上げの際はきわめて不十分だった」

次に支持率。
年初来の株価動向が気になるところ。安倍内閣の基本形は株価連動政権だ。経済がおかしくなれば支持離れが進むおそれがある。勝利の方程式は成り立たなくなる。

3つ目は公明党の出方である。
おそらくここが最大の問題だ。支持母体で選挙の実務を仕切る創価学会の意向が何より物をいう。学会内部の声を拾ってみた。
「衆参で計4票の行く先を短い期間にとても徹底などできない。衆院の小選挙区や参院の選挙区の多くは、自民党候補者の名前を書いてもらうんだから」
衆参で数カ月でも時間差があればともかく、同時は無理と明快だ。

4つ目の野党への対応にしても、同日選で投票率が上がれば非自民色の濃い無党派層が大量に出てくるリスクを抱える。

5つ目の改憲ねらいは、3年前の参院選で96条の改正条項の改正を引っ込め、争点を経済にしぼったことが自民大勝につながった。ここであえて対立争点を設定するのが得策かどうか。

もうひとつ。最高裁が違憲状態と判断している衆院の定数で是正が手つかずのまま解散に踏み切れば批判はまぬがれない。

今のところ同日選は観測気球の色合いが濃い。ただ、動き出したら止まらなくなるのが政治の世界。ましていつ何どき何がおこるか分からない。首相が解散権という伝家の宝刀の柄(つか)に手をかけていると思わせたことで政局の主導権をがっちり握ったのだけは間違いない。
解散とは、首相による衆院議員の一斉解雇である。解散への議員心理について「クリスマスを楽しみに待つ七面鳥なんておりませんな」と解説していたのは宮沢元首相。逃げ回る「わらの中の七面鳥」の歌が国会から聞こえてくるようだ。

【日経新聞】
by kura0412 | 2016-01-25 09:00 | 政治 | Comments(0)