日本の歯科界を診る(ブログ版)


コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
by kura0412
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

W選挙か否か

なぜ今、同日選なのか 5つの理由・6つの反論

「ダブルはありますかね?」。国会がはじまって、寄るとさわると衆参同日選の話だ。参院選にあわせ安倍晋三首相が衆院解散に打って出るのかどうか――。
首相がどんなに否定しても、自民党の二階俊博総務会長が「同日選をしたいと思っているのは間違いない」と述べるなど、疑心暗鬼は募るばかり。思惑と臆測が千里を走る政治の世界。何とも気ぜわしい。

同日選がくすぶる理由をあげていくと片手はある。
第1は、2017年4月からの10%への消費再増税とのからみだ。
増税のあとの選挙は政権党にとって得ではない。おちつくまで静観するとなれば17年中の解散は避けるのが常道だ。衆院議員の任期は18年12月まで。残る解散のタイミングは18年と16年。18年は残り任期が1年内で首相の解散権の行使にはほど遠い。同9月には首相の総裁任期も切れる。
ならば16年。首相周辺が「参院選のあとの衆院選で勝ったためしはない」と漏らすように、1983年、同日選が取りざたされながら参院選の半年後にずらした衆院選で敗北した。となると同日選か。

第2は、内閣支持率の回復だ。
安全保障関連法で10ポイント下落したのが、昨年11月には法案採決前の6月の水準にもどった。
政治の動向をみるうえでいちばん分かりやすい指標である内閣支持率と自民党支持率の和である「政権安定度指数」。日本経済新聞社の世論調査によると1月は86で昨年6月の85とほぼ同じ。100を超えれば大勝が経験則。もう一息で手の届くところまで来ている。
5月下旬には伊勢志摩サミットがある。主要7カ国(G7)の議長役となる首相。文字通りの晴れ舞台だ。支持率は間違いなく上がる。79年の大平正芳、86年の中曽根康弘、93年の宮沢喜一、00年の森喜朗の各首相。なぜかサミットの前後に解散に踏み切っている。

第3は、消費増税にあたっての軽減税率の実施と公明党との関係だ。
自民党内の慎重論を首相官邸が押しきるかたちで、公明党の言い分をのみ、1兆円規模の軽減税率を決めた。同日選に反対している同党が最後はおりるとみるのは、政治の貸し借りからだ。

第4は、野党の動向である。
衆院で民主・維新の統一会派はできたものの、民主党の支持率はいっこうに上向く気配をみせない。参院選に向けた野党統一候補も、同日選にして衆院選をぶつければ、野党戦線を分断できる。

第5は、おおさか維新の会と憲法改正への読みである。
首相や菅義偉官房長官が援軍と期待するおおさか維新だが、政界から引いた橋下徹氏について「参院選には出ない。衆院選は分からない」と首相側近はみる。同日選なら出馬の可能性ありというわけだ。
それは改憲シナリオと関係する。参院で、改憲を発議できる3分の2である162議席を確保するには今回、与党・改憲勢力で15議席程度は増やさなければならない。自民党の改選は50議席で3年前に65議席を得ているにせよ、おおさか維新の躍進に期待がかかる。

要はここが好機との判断だが、一気に同日選になだれ込むかとなると、否定論も同じくらいある。
まず日程がらみ。
消費再増税で17年中の解散は無理との見方について、政府高官は次のように打ち消す。
「軽減税率に加え、再増税で消費の落ち込みや反発がないように思い切った対応をとればいい。5%から8%への引き上げの際はきわめて不十分だった」

次に支持率。
年初来の株価動向が気になるところ。安倍内閣の基本形は株価連動政権だ。経済がおかしくなれば支持離れが進むおそれがある。勝利の方程式は成り立たなくなる。

3つ目は公明党の出方である。
おそらくここが最大の問題だ。支持母体で選挙の実務を仕切る創価学会の意向が何より物をいう。学会内部の声を拾ってみた。
「衆参で計4票の行く先を短い期間にとても徹底などできない。衆院の小選挙区や参院の選挙区の多くは、自民党候補者の名前を書いてもらうんだから」
衆参で数カ月でも時間差があればともかく、同時は無理と明快だ。

4つ目の野党への対応にしても、同日選で投票率が上がれば非自民色の濃い無党派層が大量に出てくるリスクを抱える。

5つ目の改憲ねらいは、3年前の参院選で96条の改正条項の改正を引っ込め、争点を経済にしぼったことが自民大勝につながった。ここであえて対立争点を設定するのが得策かどうか。

もうひとつ。最高裁が違憲状態と判断している衆院の定数で是正が手つかずのまま解散に踏み切れば批判はまぬがれない。

今のところ同日選は観測気球の色合いが濃い。ただ、動き出したら止まらなくなるのが政治の世界。ましていつ何どき何がおこるか分からない。首相が解散権という伝家の宝刀の柄(つか)に手をかけていると思わせたことで政局の主導権をがっちり握ったのだけは間違いない。
解散とは、首相による衆院議員の一斉解雇である。解散への議員心理について「クリスマスを楽しみに待つ七面鳥なんておりませんな」と解説していたのは宮沢元首相。逃げ回る「わらの中の七面鳥」の歌が国会から聞こえてくるようだ。

【日経新聞】
by kura0412 | 2016-01-25 09:00 | 政治 | Comments(0)
ミラーを片手に歯科医師の本音
回想

本紙閉刊に伴いこのコラムも今回で最後となります。平成10年9月から19年間、筆が進まない時もありましたが、締め切りを遅らせることもなく、また大きなトラブルもなく終えることにある意味安堵しております。ただその中で一度だけで校正まで終えながら書き直したことがありました。それはあの「日歯連事件」と称された事件が勃発した時でした。
あの時は一人の開業医でしかない私が、社会事件になるほどの大事件に対して実名で書くことに躊躇しましたが、事件に対していろいろな観点から憤りを感じ、もし問題となれば歯科医師を辞める覚悟をもって書きました。この事件によって日本の歯科界に大きな変化があったことは多くの先生方が感じられたことです。今思えばその内容は別として、あの時書き綴っておいたことが、その後連載を続けられた源になっていたかもしれません。
然るに風化しつつあるあの事件の本質は何だったのか。その手法に対しては司法判断が下った結果が示されていますが、事件の根本には、現在も続く歯科医療に対する公的評価の低さを何とか打開しようと考え方がありました。この点を誰もが分かっているのに言葉に出ていません。但し結果的には中医協委員が1名減員、事件後の懲罰的な18年度改定となり、歯科界の思いとは反対の流れを作ってしまいました。特に改定では、それまでの改定時で、技術料を引き下げながら作った僅かな財源を「かかりつけ歯科医」初再診料に振り分けながらも、「かかりつけ歯科医」を一気に消し去られたことによって、保険点数全体が縮小したと共に、時代の流れである「かかりつけ歯科医」という名称、概念をも否定されることになってしまいました。そして事件によって植え付けられた歯科界の負のイメージは現在も引きずっています。
日本の歯科界は今、大きな分岐点に差し掛かかり、新しい息吹が入る機運も高まっています。但し、この負のイメージを引きずったままでは大きな壁が存在します。あの事件は終わったのでなく、まだ背負っており、それを回顧することで歯科界の課題を改めて見出すことが必要です。
残念ながら現在、日歯、日歯連盟共に入会者、特に若い先生の入会が減少しています。事件の影響、また、入会することへの利点を見出せず、医療環境向上寄与への期待が薄らいでいるからです。個人で個々の臨床現場での対応出来ても、政策を変えるには一つの塊にでなければパワーが発揮できないだけに、この問題は歯科界発展の最大の課題です。その為には、過去の問題となった出来事を背景も含めて改めて見直し、そして新しい目標を示す。それも抽象的でなく、具体的な分かりやすい政策を提示することで歯科界の展望が分かることで推進力の働きとなります。
最後に、本コラムを続けなければ会うことの出来なかった全国の先生方と交流できたことは、私の歯科医師人生としての財産となりました。そして、好き気ままに綴ることを甘受して頂き、連載を許して頂いた歯科時報新社・吉田泰行社長に感謝を述べ終わります。ありがとうございました。
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧