ローソンが健康事業に更に一歩踏み出す

ローソンが「京都府民の健康づくり」を支援

ローソンは2016年1月19日、「京都府民の健康づくりの推進に向けた連携及び協力に関する協定」を、京都府および京都府市長会、京都府町村会との間で締結した(ニュースリリース)。府の健康イベントや健康づくり事業で連携していく。

協定内容は大きく4つ。
(1)府民に対する健康づくりに関する情報提供、
(2)府、市町村、府内の医療保険者などが実施する健康づくり事業への協力、
(3)府民の特定健診、がん検診などの受診促進に関する事業、
(4)その他府民の健康寿命の延伸に寄与すると考えられる事業。

京都府は市町村に対し、健診申し込みや健康ポイントなど、連携希望事業の提案を募集する。取りまとめた上でローソンに協力を依頼し、連携に関する調整を行う。
ローソンが健康づくり推進に関する協定を都道府県と締結するのは、今回が初めて。市町村とは、2013年10月に兵庫県尼崎市、2013年11月に長野県松本市、2014年7月に佐賀県佐賀市、2015年3月に福岡県久留米市とそれぞれ締結済みである。

【日経デジタルヘルス】



予てから健康ステーションとして積極的な取り組みをしようとしていたローソンが、更に一歩先を踏み出しました。コンビニと歯科のコラボも今後あるかもしれません。
by kura0412 | 2016-01-19 15:43 | 医療全般 | Comments(0)