『16年度、診察料は0.49%増額』

診療報酬8年ぶり下げ 16年度、診察料は0.49%増額

診療報酬は医療サービスの公定価格で、診察料と薬価からなる。2年に1度見直しており、患者はこのうち原則3割を窓口で払う。
財務省と厚生労働省は財政健全化に向けて、来年度の予算編成で社会保障費の伸びを概算要求から1700億円分抑える方針だ。市場価格の下落による薬価改定はマイナス1.33%(医療材料含む)で約1500億円分。さらに約200億円以上を削る必要があった。
そのため厚労省は来年度、高額医薬品の価格を最大5割値下げするなどの制度改革で約600億円を削減する。その結果、社会保障費の抑制は1700億円を大きく超える。超えた部分を診察料の積み増しに充てる。
診察料と薬価を合わせた全体の改定率は単純計算でマイナス0.84%。制度改革の効果も含めた最終的な改定率を21日に決める。薬価と全体の改定率はコンマ数ポイント下がる可能性がある。

【日経新聞】



残りの200億円削減の財源の明細はまだ決まったないようです。政治的な判断での決着であるのはいうまでもありません。
by kura0412 | 2015-12-19 08:56 | 医療政策全般 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30