『中・低所得者層では、所得が600万円以上と高い世帯に比べて歯の本数が20歯未満の人の割合が高い』

栄養バランスなど生活習慣状況に所得差―厚労省調査

厚生労働省が12月9日発表した「国民健康・栄養調査」によると、所得と生活習慣などに関する状況を調査した結果、世帯所得が600万円未満の中・低所得者層では、所得が600万円以上と高い世帯に比べて、健診未受診者や肥満者、習慣的な喫煙者、歯の本数が20歯未満の人の割合が高いことがわかった。
また、所得が少ないほど穀類摂取量が多く、野菜や肉類の摂取量が少ないなど栄養バランスに所得差もみられた。

調査は、2014年11月に5,432世帯を対象に実施し、有効回答を得た3,648世帯について集計したもの。今回は、世帯所得を200万円未満、200万円以上~600万円未満、600万円以上の3つに分けて分析した。
また、同調査から、ここ10年間で肥満者や糖尿病が強く疑われる人の割合は男女ともに有意な変化はみられないこと、また、平均収縮期血圧値は低下傾向にあり、食塩摂取量も有意に減少していることなどもわかった。

【Care Net】
by kura0412 | 2015-12-18 09:26 | 歯科 | Comments(0)