久々に明るい話題を提供

土屋太鳳、松岡修造流で“サバ”スマイル?「一番会いたかった人」

女優、土屋太鳳(20)と元プロテニス選手でタレント、松岡修造(48)が9日、東京都内で行われた「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2015」の授賞式に出席した。
“『いい歯で、いい笑顔』を日本中に。”をコンセプトに、日本歯科医師会が1年で最も笑顔が輝いていた著名人に贈る賞。80歳になっても20本以上自分の歯を健康に保つことを目的にした「8020運動」推進の一環として開催されている。

9月に終了したNHK連続テレビ小説「まれ」のヒロインを務めた土屋は「子供のころから笑顔にコンプレックスがあって。笑顔の演技が難しく、迷うことが多かった」と告白。撮影現場では松岡の「サバになれ」(サバのように周りを気にするな)という格言に励まされたと明かし、「一番会いたかった人」と松岡に感謝した。
この日は、「とびきりの笑顔」をテーマに一般募集した「スマイルフォトコンテスト」の受賞者も発表。6000通以上の応募から、長野県在住の宮沢千春さんの作品がグランプリに輝いた。

【サンケイスポーツ】




久々にマスコミに明るい話題を提供ができました。
by kura0412 | 2015-11-10 09:05 | 歯科 | Comments(0)