「外来時定額負担」が再び俎上か

骨太方針「外来時定額負担は国民に厳しい」-日医が改めて反対表明

日本医師会(日医)は1日、政府が6月30日に閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針(骨太方針)2015」に、医療費の適正化に向けた具体的な手段として、外来時の定額負担の検討が盛り込まれたことに対し、改めて反対する意見を表明した。
日医の横倉義武会長は「医療機関への受診抑制が狙い。医療を受けたい国民にとっては厳しい制度になる」と述べ、政府に対して導入を見送るよう働き掛けを続ける考えを示した。

日医は、骨太方針2015の素案の段階で検討項目に、「外来時の定額負担について検討する」との文言が加えられたことに対し、患者が重症化してから医療機関を受診することになり、かえって医療費が増えるなどとして反対していた。1日の記者会見で横倉会長は「患者の自己負担について現在、わが国は定率負担になっている。定率負担をそのままにして、定額負担の導入を検討することはあり得ない」と述べた。
また、日医は、骨太方針2015と同時に政府が閣議決定した「『日本再興戦略』改訂2015」に盛り込まれた、医療・介護・ヘルスケア産業の活性化・生産性の向上への施策として、外国人患者の受け入れに意欲と能力のある国内医療機関を「日本国際病院」(仮称)として海外に発信することについても、慎重に対応するよう求めた。
日本国際病院について横倉会長は、商業主義的な医療ツーリズムに対する日医の考え方が適用されると説明した上で、「営利目的で組織的に外国人患者を招致することは、医療の非営利原則や混合診療の禁止などの視点から問題があり、喧伝することは望ましいことではない」と述べた。
その一方で、訪日外国人が増えている現状を踏まえて横倉会長は、「訪日外国人の安全のみならず、地域医療の現場が混乱しないためにも、言語や宗教、慣習の違う外国人を受け入れることができる医療機関の整備は必要」との考えを示した。

【キャリアブレイン】



この時期に敢えて「外来時定額負担」導入反対を言明した意味は何か?
歯科界もどんな環境であっても、早々の対応が必要です。
by kura0412 | 2015-07-02 08:36 | 医療政策全般 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30