急がば廻れー認知症、全医療費の三分の一に

認知症患者500万人、「社会費用」年14.5兆円に

認知症にかかる医療・介護費と家族介護の負担も含めた「社会的費用」が、年間14・5兆円に上ることが、厚生労働省の研究班(代表・佐渡充洋みつひろ慶応大助教)の推計で初めて明らかになった。
家族介護の負担は年6・2兆円と、費用全体の4割超を占めた。認知症の人は約500万人に上り、政府は今年1月に認知症国家戦略を策定したが、家族の負担軽減策を急ぐなど、政策の強化が求められそうだ。

推計は、医療・介護サービスを利用している認知症の人を対象に、2014年時点の1年間の費用を計算した。医療・介護費は、国の医療保険や介護保険などのデータを基に計算。医療費は年1・9兆円、介護費は年6・4兆円に上った。
一方、家族による介護負担の費用は、家族約1500人について、実際に介護にかけた時間を調査。認知症の人1人当たり平均で年間延べ1300時間を費やしていた。このうち、トイレ介助などは、介護保険サービスの費用に置き換え、1時間当たり4955円で計算。食事の支度などは、介護をする代わりに働いていれば得られた賃金として、1時間当たり965円で換算した。その結果、認知症の人1人当たりの家族介護の費用は年間382万円。全体では6・2兆円と、認知症の人が使う介護保険の費用に匹敵した。
将来推計では、団塊の世代が85歳以上になる35年には総額22兆9244億円にまで膨らむと試算した。

全医療費の3分の1に
認知症ケアに社会全体でどれだけの費用がかかっているかが明らかになった。推計で年間14・5兆円と、国民全体の医療費43兆円(2014年度予算)の3分の1にあたる規模だった。
認知症の人は、2025年には約700万人まで増える。今回の推計は医療・介護費や家族負担に限定されたもので、詐欺被害や徘徊はいかい中の事故、見守りの負担も含めれば、将来的には、費用がどこまで膨らむか想像も付かない。対策は、まさに火急の課題だ。
認知症にかかる社会的費用については、世界保健機関(WHO)が、12年に「10年時点で世界で6040億ドル(約75兆円)」と報告。米国では、10年時点で年2150億ドル(約27兆円)と試算している。
欧米では認知症が及ぼす経済的影響を明らかにし、対策を強力に推し進めている。日本も、今回得られた推計をもとに、効率的な施策づくりを急ぐべきだ。(社会保障部 飯田祐子)

【読売新聞】



医療費削減も大切でしょうが、こうゆう所を早期に対応することの方が大きな結果を産むはずです。
急がば廻れです。
by kura0412 | 2015-06-04 10:50 | 医療政策全般 | Comments(0)