『顔スキャンで老化速度がわかる―血液検査より信頼性高い』

顔スキャンで老化速度がわかる―血液検査より信頼性高い

老化の速度が早い人を見分ける上で、血液検査よりも顔の特徴をみるほうが信頼性の高いことが中国の研究で明らかにされ、「Cell Research」3月31日号で報告された。研究グループによると、コンピュータによる3-D顔面撮像処理により、その人の老化の速度が早いかどうかを示すいくつかの特徴を明らかにできたという。
このことから、顔スキャンにより通常の身体検査よりも正確に全身の健康状態を評価できる可能性があると、研究グループは示唆している。米イリノイ大学(シカゴ)教授のJay Olshansky 氏は、この種の顔面撮像は寿命を簡単に推定し、健康面の危険因子を評価することを目指した最先端技術の1つであると説明している。同氏は、いずれは生命保険会社もこの技術を利用できるようになると予想し、「血液検査は費用と時間の無駄。顔分析と適切な問診の組み合わせにより、簡単にリスクの高い人がわかるようになる」と述べている。

今回の研究では、17~77歳の中国系人332人の3D顔面像を収集し、そのデータに基づいて年齢予測モデルを構築し、具体的な顔の特徴に基づいて特定の老化パターンを認識するマップを作成した。
その結果、40歳までは実年齢が同じ人の顔年齢に最大6歳の差がみられることが判明した。40歳を超えると、顔年齢の差はさらに広がった。「老化科学の分野では、年齢よりも若く見える人は老化が遅いことがわかっている」とOlshansky氏は指摘している。顔スキャンの結果と血液検査を比較すると、顔の特徴から推定した年齢のほうが、血液中のコレステロール、尿酸、アルブミンのいずれの検査よりも精度が高いことがわかった。
この知見は、老化が人の顔に及ぼす影響について医師の間ですでに知られていることを辿ったものだと、米国形成外科学会(ASPS)のAnne Taylor氏はいう。
ヒトは年齢とともに唇が収縮し、鼻と口の距離が広がるほか、歯茎が収縮して歯の見える部分が多くなる。また、行動による影響も顔に表れ、喫煙者は口の周囲にしわができやすく、飲酒する人は鼻の先端が赤く球状になるという。現在、糖尿病・肥満・薬物使用などの有害な行動が顔の老化に及ぼす影響に関する研究が進められているとOlshansky氏は述べている。
米国顔面形成外科学会(AAFPRS)のStephen Park氏は、継続的な研究によりこの知見を裏付ける必要があるとし、今回の研究では比較のための対照群を設けていないため、身体的な老化が実年齢より早い人や遅い人がいるのかどうかを明らかにすることはできないと主張している。

【Care Net:提供元:HealthDay News】



中国の研究というのが少し気になりますが、興味深い話です。
by kura0412 | 2015-04-18 09:56 | 歯科 | Comments(0)