選択基準は何でしょうか(日歯会長選挙)

日歯会長予備選挙 太田候補,髙木候補がそれぞれ記者会見を開催

大久保満男・現日歯会長の今期限りでの引退表明を受け,昨年12月18日に公示された日本歯科医師会会長予備選挙は,年明け1月6日に立候補の届出開始日を迎えた.同日には,これまですでに立候補の意思を表明していた太田謙司氏(大阪府歯科医師会会長)と髙木幹正氏(日本歯科医師連盟会長)の両名がそれぞれ届け出た後,東京・千代田区のアルカディア市ヶ谷において相次いで記者会見を開催した.

太田候補「学術専門団体である日歯と政治的マターを扱う連盟は完全なる峻別が望ましい」
午前10時からの会見で,太田候補は選挙公約に「3つの改革」「5つの実行」を掲げ,2025年に向けて21世紀型の歯科医療を実現させるべく所信表明を行った.
大久保会長からの推薦状については,「過去にない異例のこと」と批判があることも受け止めたうえでのことである.
政策の中でも“最大の争点”になると述べた「日歯と連盟の峻別」については,髙木候補との違いを「髙木先生は両組織のトップを兼務することが望ましいと強く主張されていた」と強調.日歯は学術専門団体として厚労省をはじめとする関係省庁・団体としっかり議論をし,そのうえで連盟が政治的な折衝を行っていくべきである,と日歯の会長が最初から“政治力ありき”である必要はないとした.

髙木候補「日歯を単なる政策集団から“政策実現集団”に強化する」
午後5時からの会見で,髙木候補は「政策九箇条」を掲げ,わが国の超少子高齢化や世界的なグローバル化の波の中で時代が大きく変わろうとしているこの転換期に,歯科医療を守るためにはもはや総論だけを語るのではなく,歯科医療専門団体である日歯の機能を,単なる政策集団から「政策実現集団」にまで強化する必要がある,と訴えた.また,日歯連盟会長職を通じて培った経験や政官との太いパイプは,必ずや会員の役に立つものであり,実行力・具現化力が求められるこれからの日歯を率いる「即戦力のトップリーダー」になるだろうとの自信も覗かせた.
しかし,太田候補の発言を受けた記者からの質問には,「ポストの“兼務ありき”と言ったことは一度もない」と否定.峻別された両組織が上手くコラボレーションできるような機構づくりこそが最善である,と改めて述べた.

【HYORON HP】
by kura0412 | 2015-01-15 12:26 | 歯科 | Comments(0)