「子ども・子育て支援」が加わり「医療・介護」に

来年度厚労予算、医療・介護とも2.6%増-医介の自然増、概算から1400億円圧縮
15年度厚労関係予算案は29兆9146億円となった

政府は14日の臨時閣議で、2015年度予算案を決めた。厚生労働省の関係予算案は29兆9146億円(今年度当初比3.0%増)となった。社会保障関係費のうち医療費は11兆4891億円(同2.6%増)、介護費は2兆7592億円(同2.6%増)となった。医療・介護の自然増については、厚労省の概算要求より約1400億円圧縮された。

来年度の厚労省の予算案では、消費税率引き上げに伴う増収分と、社会保障改革プログラム法などに基づく重点化・効率化による財政効果を活用し、社会保障の充実のための財源として1兆3600億円を確保した。このうち、医療・介護分野では8410億円を計上。主な内訳は、地域医療介護総合確保基金として1628億円や、介護職員の処遇改善などに1051億円、在宅医療・介護連携や認知症施策の推進など地域支援事業の充実に236億円など。
概算要求段階で厚労省は、年金や医療、介護、福祉などを合わせた社会保障の自然増について、約8200億円を想定していたが、予算案では5700億円まで削減された。特に医療・介護の自然増については、概算要求段階では4400億円を想定していたが、予算案では3000億円まで圧縮された。厚労省の担当者は、「一人当たり医療費の最新の動向を加味したり、介護の居宅・施設サービスの直近の実態などを反映させたりした結果」としている。

【キャリアブレイン】



社会保障の括りに「子ども・子育て支援」が明記され、「医療・介護」「年金」となりました。
by kura0412 | 2015-01-14 16:51 | 医療政策全般 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30